ケヴィン・グロスクロイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケヴィン・グロスクロイツ Football pictogram.svg
Kevin Großkreutz IMG 1623.jpg
名前
ラテン文字 Kevin Großkreutz
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1988年7月19日(26歳)
出身地 ドルトムント
身長 187cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
ポジション FW / MF / DF/ GK/
背番号 19
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 ドイツの旗 ロート・ヴァイス・アーレン 95 (23)
2009- ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 159 (23)
代表歴
2008 ドイツの旗 ドイツ U-19 6 (0)
2010 ドイツの旗 ドイツ U-21 1 (1)
2010- ドイツの旗 ドイツ 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013-14シーズン終了時点現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ケヴィン・グロスクロイツ(Kevin Großkreutz, 1988年7月19日 - )は、ドイツドルトムント出身のサッカー選手ボルシア・ドルトムント所属。ポジションはミッドフィールダーフォワードディフェンダーゴールキーパー

経歴[編集]

2002年ボルシア・ドルトムントのユースに入団。その後、ロート・ヴァイス・アーレンへ移籍して活躍。2009年7月、ボルシア・ドルトムントに復帰した。ユルゲン・クロップ監督の指導下でサイドアタッカーとして開花し、2009-10シーズンは入団1年目にしてリーグ戦5得点を記録した。

2010-11シーズンはドルトムントの中心としてリーグ優勝の立役者となった。ドルトムント出身でドルトムントへの愛は強く、新入りをなじませる役も行っている[1]

中盤ならどこでもプレーでき、DFのピシュチェクが負傷した際は代わって右SBでプレーし見事に代役を務めるなどチームへの貢献度は高い。

代表[編集]

U-19、U-20ドイツ代表の選出経験がある。2010年、A代表デビューを果たした。2014年に開催されたFIFAワールドカップにも代表メンバーに選出された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2013-14シーズン終了時点

クラブ リーグ カップ 国際大会 通算
クラブ リーグ シーズン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ DFBポカール ヨーロッパ 通算
ロート・ヴァイス・アーレン レギオナルリーガ 2006–07 27 5 0 0 27 5
2007–08 35 12 1 0 36 12
2. ブンデスリーガ 2008–09 33 6 1 0 34 6
ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 2009–10 32 5 1 0 33 5
2010–11 34 8 2 1 7 0 43 9
2011–12 31 7 7 0 5 1 43 8
2012–13 29 2 5 0 10 0 44 2
2013–14 33 1 7 1 10 1 50 3
総通算 254 46 24 2 32 2 310 50

タイトル[編集]

2011年、ブンデスリーガ優勝を祝うグロスクロイツ(右)

クラブ[編集]

ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント

代表[編集]

ドイツの旗 ドイツ代表

事故・事件[編集]

  • ドイツ杯決勝でバイエルンに敗北後、ナイトクラブで飲酒したあと酔った勢いでドイツ代表チームのホテルのロビーで排尿する事件が発生している[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]