ジュゼッペ・シニョーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュゼッペ・シニョーリ Football pictogram.svg
名前
愛称 ベッペ
ラテン文字 Giuseppe Signori
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1968年2月17日(46歳)
出身地 アルツァーノ・ロンバルド
身長 171cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
代表歴
1992-1995 イタリアの旗 イタリア 28 (7)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュゼッペ・”ベッペ”・シニョーリ: Giuseppe ”Beppe” Signori1968年2月17日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

11歳の時にインテルのテストに合格するも低身長が災いして活躍の場が与えられなかった。それゆえ、20代半ばまでは無名に近い存在であった。

転機が訪れたのは、90年代初期に薫陶を受けたチェコ人指揮官ズデネク・ゼーマンが指揮を執ったフォッジア時代からで、1991-1992シーズンには同チームで11得点を挙げ、同年、ラツィオに引き抜かれた。 1992-93シーズンには26得点を挙げ押しも押されもせぬスーパースターの仲間入りを果たす。同シーズンにはドイツ代表のカール=ハインツ・リードレとコンビを組んでいた。翌・1993-94シーズンには負傷のため、前半戦の多くを欠場せざるを得なかったが、最終的には24試合出場で23得点という驚異の得点率で2年連続得点王に輝いた[1]。1995-96シーズンにも通算3度目の得点王に輝いたものの、その多くはPKによるものであり、往年のスピードはすでに失われていた。また、ラツィオ時代には毎年15ゴールは確実に奪取するもののタイトルとは全く縁がなく、ラツィオは、シニョーリが移籍した1997-1998シーズンにコッパ・イタリアを、1999-2000シーズンにはスクデットを獲得するなど不思議と巡り合わせが悪かった。

イタリア代表としては1992年5月31日のポルトガル戦(ニューヘイブン)で代表デビューを飾ると、1994年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会を始め国際Aマッチ28試合出場7得点を記録した。クラブレベルでは実績を残したが、イタリア代表としてはロベルト・バッジョピエルルイジ・カジラギを重用するアリゴ・サッキ監督の下では、思うような結果を残せなかった。94年W杯時には、セリエA得点王として大会に臨んだが、左サイドハーフに起用されるなど、実力を発揮することはできなかった。

2005年からはハンガリーFCショプロンでプレーしていたが、2006年に現役を引退[2]

2011年6月1日、イタリア下部リーグの八百長に関わった疑いでシニョーリの身柄を拘束したと捜査当局が発表。八百長に直接的な影響力を持つ賭博グループの主要メンバーだった疑いも持たれている[3]8月9日イタリアサッカー連盟から5年間サッカーに関わる活動を禁止された[4]

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

  • 1992-1993 セリエA得点王(32試合/26得点)
  • 1993-1994 セリエA得点王(24試合/23得点)
  • 1995-1996 セリエA得点王(31試合/24得点)

脚注[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。