ヴァレンティーノ・マッツォーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァレンティーノ・マッツォーラ Football pictogram.svg
名前
愛称 トゥーレン(ブリキ職人)
カタカナ ヴァレンティーノ・マッツォーラ
ラテン文字 Valentino MAZZOLA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1919年1月26日
出身地 ミラノ県カッサーノ・ダッダ
没年月日 1949年5月4日(満30歳没)
選手情報
ポジション FW, MF
代表歴
1942-1949 イタリアの旗 イタリア 12 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴァレンティーノ・マッツォーラValentino Mazzola, 1919年1月26日 - 1949年5月4日)は、イタリアサッカー選手である。

1940年代に圧倒的な強さを誇り "Grande Torino" (偉大なるトリノ)と呼ばれたACトリノ(現トリノFC)で主将を務めた。その絶頂期に「スペルガの悲劇」と呼ばれる飛行機事故によって命を落とした。

経歴[編集]

1919年1月26日、ミラノ県カッサーノ・ダッダ生まれ。彼のキャリアはミラノにある自動車メーカー、アルファ・ロメオミラノ工場のクラブで始まった。1939年イタリア海軍に徴集されてヴェネツィアに赴いた。その間にセリエAに昇格したばかりのヴェネツィアACの選抜試験を受けて合格した。その後1939年から1942年までヴェネツィアでプレーし中心選手として活躍した。1941年にはコッパ・イタリアで優勝、1942年には昇格後わずか4年目でリーグ3位に導いた。

この年、マッツォーラは2名の選手プラス20万リラという破格のトレード条件でACトリノに引き抜かれた。この後イタリア・リーグは第二次世界大戦の影響により断続的に中断したが、1943年から1948年にかけてACトリノはリーグ4連覇を達成。マッツォーラはこの傑出した攻撃力を備えたチームのキャプテンとして活躍した。

1948年から始まったシーズンもACトリノは好調を維持し、5連覇目前となった1949年5月4日ポルトガルでの親善試合を終えた後の帰路の途中、悪天候により乗っていた飛行機がトリノ郊外に墜落。マッツォーラは一緒に飛行機に乗っていたACトリノの仲間たちと共に、あまりにも悲劇的にその生涯を終えた。30歳没。

マッツォーラには2人の男の子がいたが、長男のアレッサンドロは、のちにイタリアを代表する名フォワード「サンドロ・マッツォーラ」としてインテルイタリア代表で活躍。4度のセリエA優勝、2度のチャンピオンズカップ制覇など、かつての父同様輝かしい実績を残した。

所属クラブ[編集]

主な経歴[編集]

  • セリエA優勝:5回(1942-43年/1945-46年/1946-47年/1947-48年/1948-49年)

個人タイトル[編集]

  • セリエA得点王:1回(1946-47年 29得点)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]