マヌエル・アルムニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・アルムニア Football pictogram.svg
Manuel Almunia.JPG
名前
本名 Manuel Almunia Rivero
カタカナ マヌエル・アルムニア・リベロ
ラテン文字 Manuel ALMUNIA
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
イングランドの旗 イングランド
生年月日 1977年5月19日(37歳)
出身地 パンプローナ
身長 193cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ワトフォードFC
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マヌエル・アルムニア(Manuel Almunia Rivero, 1977年5月19日 - )は、スペインパンプローナ出身のフットボールリーグ・チャンピオンシップワトフォードFC所属のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

リーガ・エスパニョーラセグンダB(3部に相当)のCAオサスナBでキャリアをスタート。2001年セルタ・デ・ビーゴ移籍するものの、レンタル生活を余儀なくされた。2003-2004シーズンにはレンタル先のアルバセテBPの残留に貢献した姿がアーセン・ベンゲルの目に留まり[要出典]アーセナルFCへ移籍した。

2003-2004シーズンは先発出場の機会もいくらかあったが、マンチェスター・ユナイテッド戦での4失点以降、リーグでの出場機会はなかった。

2005-2006シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ決勝では、先発出場していたイェンス・レーマンレッドカードによる一発退場後に出場し、大会準優勝を経験した。

2006-2007シーズンの序盤、レーマンの負傷離脱もありリーグ戦で先発することがあった他、フットボールリーグカップなどカップ戦の試合に出場した。

2007-2008シーズンは正ゴールキーパーとして試合に出場した。レーマンはVfBシュトゥットガルトへと移籍、翌2008-2009年度シーズンより背番号1をつけてプレーした。

2008-2009シーズンはキャプテンマークを巻く機会が増えた。2009年4月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦。オールド・トラッフォードで相手に押し込まれる展開の中、カルロス・テベスクリスティアーノ・ロナウドウェイン・ルーニーらの至近距離からのシュートをことごとくブロックした。チームは0-1で敗れたが、アルムニア自身はプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれ、マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソンは「アルムニアがいなければもう3、4点は取れたはずだった」とコメントした。[要出典]

所属クラブ[編集]

1999-2000 →スペインの旗 カルタゴノバFC (loan)
2001-2002 →スペインの旗 SDエイバル (loan)
2002-2003 →スペインの旗 レクレアティーボ・ウェルバ (loan)
2003-2004 →スペインの旗 アルバセテBP (loan)
2011.9-10 →イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC (loan)

脚注[編集]