アナトリー・ティモシュチュク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナトリー・ティモシュチュク Football pictogram.svg
Tymoschuk.jpg
名前
本名 アナトリー・オレクサンドロヴィチ・ティモシュチュク
ラテン文字 Anatoliy Oleksandrovych TYMOSCHUK
ウクライナ語 Анатолій Олександрович Тимощук
基本情報
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
生年月日 1979年3月30日(35歳)
出身地 ルーツィク
身長 181cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 FCゼニト・サンクトペテルブルク
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1997
1997-2007
2007-2009
2009-2013
2013-
ヴォリン・ルーツィク
シャフタール
ゼニト
バイエルン
ゼニト
62 (8)
227 (32)
67 (10)
86 (4)
代表歴2
2000- ウクライナの旗 ウクライナ 104 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年6月14日現在。
2. 2011年6月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アナトリー・オレクサンドロヴィチ・ティモシュチュクウクライナ語:Анатолій Олександрович Тимощукアナトーリイ・オレクサーンドロヴィチュ・トィモシュチュークラテン文字転写の例:Anatoliy Tymoschuk1979年3月30日 - )は、ウクライナ出身のサッカー選手ウクライナ代表である。ゼニト・サンクトペテルブルク所属。ポジションはMFティモシュクと表記されることもある。ウクライナ国内で実施されたファン投票で、同国史上最高のサッカー選手に選出されている[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

1997年、18歳で名門FCシャフタール・ドネツクに移籍した。シャフタールでは3度のウクライナ・リーグ優勝、3度のウクライナ・カップ優勝、1度のウクライナ・スーパーカップ優勝を果たした。2007年、ユヴェントスFCセルティックFCからもオファーがあったものの、FCゼニト・サンクトペテルブルクへ4年契約で移籍した。移籍金は、旧ソ連時代を含めロシア・リーグ歴代最高の2000万ドル(約24億7000万円)である。彼はすぐにゼニトのキャプテンになり、ロシア・リーグ初優勝を果たした。2007-08シーズンのUEFAカップではビジャレアルCFバイエルン・ミュンヘンなどを破って優勝した。UEFAスーパーカップではマンチェスター・ユナイテッドを破った。

2009年2月、2009-10シーズンからバイエルン・ミュンヘンに移籍することが発表された。移籍金は1100万ユーロで3年契約。8月8日、開幕戦のTSG1899ホッフェンハイム戦でデビューした。中盤の底を務めていたマルク・ファン・ボメルに代わって80分に途中出場した。2009-10シーズン序盤戦はファン・ボメルが負傷欠場していたため、アンカーの位置で重宝されたが、中盤戦以降は4-4-2フォーメーションが採用されたために出場機会は減った。UEFAチャンピオンズリーグではグループステージ突破をかけたユヴェントス戦で駄目押しとなる4点目を決めた。決勝トーナメントではACFフィオレンティーナマンチェスター・ユナイテッドFCオリンピック・リヨンを下し、決勝でインテル・ミラノに敗れて準優勝に終わった。

2012-13シーズン終了後、契約満了のため、古巣のゼニトに復帰が決定した[2]

代表[編集]

ウクライナ代表には2000年にデビューした。2006年のドイツW杯ではベスト8に進出した。チュニジア戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2008年のUEFA欧州選手権は予選で敗退した。

エピソード[編集]

  • アンドレイ・ヴォロニンアンドリー・フシンは友人である[3]
  • 骨董品の収集、ワインの収集、盆栽が趣味である。ただし、ワインは自分では飲まない[3]
  • ユニフォーム交換による相手選手のユニフォームの収集に熱心であることも知られている。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
ウクライナの旗 シャフタール
ロシアの旗 ゼニト
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
個人タイトル
  • ウクライナ最優秀選手賞 2002,2006,2008

個人成績[編集]

2012年12月18日時点
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
FCヴォリン・ルーツィク 1995–96 10 1 1 0 0 0 - - 11 1
1996–97 38 6 2 0 0 0 - - 40 6
1997–98 14 1 2 0 0 0 - - 16 1
通算 62 8 5 0 0 0 - - 67 8
FCシャフタール・ドネツク 1997–98 9 3 0 0 0 0 - - 9 3
1998–99 18 2 3 0 2 0 - - 23 2
1999–00 23 0 3 0 2 0 - - 28 0
2000–01 25 4 5 1 11 0 - - 41 5
2001–02 26 3 7 1 6 1 - - 39 5
2002–03 30 4 6 1 4 0 - - 40 5
2003–04 29 6 6 1 6 0 - - 41 7
2004–05 25 4 5 0 10 0 1 0 41 4
2005–06 27 5 2 1 8 0 1 0 38 6
2006–07 15 1 2 1 8 0 1 0 26 2
通算 227 32 39 6 57 1 3 0 326 39
FCゼニト・サンクトペテルブルク 2007 29 4 5 5 8 1 - - 42 10
2008 27 6 0 0 16 0 1 0 44 6
2009 11 0 0 0 3 2 - - 14 2
通算 67 10 5 5 27 3 1 0 100 18
バイエルン・ミュンヘン 2009–10 21 0 4 0 7 1 - - 32 1
2010–11 26 3 4 0 6 1 1 0 37 4
2011–12 23 0 4 0 12 0 - - 39 0
2012–13 9 1 2 0 2 0 1 0 14 1
通算 79 4 14 0 27 2 2 0 122 6
キャリア通算 434 54 62 11 111 6 6 0 613 71

脚注[編集]

  1. ^ EURO2012注目選手(8):アナトリー・ティモシュク 2010年6月4日
  2. ^ バイエルン退団のティモシュク、ゼニトに復帰Goal.com、2013年6月3日
  3. ^ a b 「footballista」、ソルメディア、2009年1月28日号

外部リンク[編集]