スポーツ仲裁裁判所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツ仲裁裁判所(スポーツちゅうさいさいばんしょ、: Tribunal arbitral du sport, TAS - : Court of Arbitration for Sport, CAS)は、国際オリンピック委員会によって1984年設立され、スポーツで起きたトラブルを、裁判所ではなく、スポーツ界の枠内で解決をめざすことを目的とした一審制の仲裁機関のことである。

組織概要[編集]

1994年にIOCから独立、スポーツ仲裁裁判所を運営するスポーツ仲裁国際理事会 (ICAS: The International Council of Arbittration for Sport) が設立された。

本部はスイスローザンヌにあり、仲裁人は世界85カ国、250人強のスポーツ知識のある法律専門家で構成される。日本からの関係者は、原秋彦弁護士、小寺彰東大教授、沢田寿夫上智大学名誉教授(ICC国際仲裁裁判所副所長)、横山潤一橋大教授らである。

CASでは、ドーピングを巡る裁定、競技結果の判定、出場資格の認定、等を仲裁する。

仲裁申し立て事例[編集]

日本からは、仲裁の申し立て事例は少ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]