トゥルグ・ムレシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルグ・ムレシュ
Târgu Mureș
Collage Marosvásárhely.png
Coa Romania Town Marosvásárhely.svg
市章
位置
トゥルグ・ムレシュの位置の位置図
トゥルグ・ムレシュの位置
座標 : 北緯46度32分59秒 東経24度33分35秒 / 北緯46.54972度 東経24.55972度 / 46.54972; 24.55972
行政
ルーマニアの旗 ルーマニア
  ムレシュ県
 市 トゥルグ・ムレシュ
市長 Dorin Florea
地理
面積  
  市域 49.3km2
標高 320m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 146,000人
    人口密度   3,043人/km2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3
公式ウェブサイト : http://www.tirgmures.info/

トゥルグ・ムレシュルーマニア語: Târgu Mureș; ハンガリー語: Marosvásárhely, (Székely-)Vásárhely; ドイツ語: Neumarkt am Mieresch; ラテン語: Novum Forum Siculorum)は、ルーマニアトランシルヴァニア地方の都市。ムレシュ県の県都。Tîrgu Mureșとルーマニア語で綴られることもある。

歴史[編集]

トゥルグ・ムレシュが初めて記録上に登場したのは、教皇庁の登記で、ノヴム・フォルム・シクロルム(Novum Forum Siculorum)の名であった。

1405年、ハンガリー王で神聖ローマ皇帝であったジギスムントが、市を開く権利をトゥルグ・ムレシュの町に授けた(当時の市名はハンガリー語名セーケイヴァーシャールヘイSzékelyvásárhelyであった)。1482年、マーチャーシュ1世は市を王立定住地とした。1616年には自治体となり、市名をマロシュヴァーシャールヘイ(Marosvásárhely)とした(ルーマニア語のTârgu Mureșのtârg及び、ハンガリー語vásárはどちらも市場を意味していた)。1754年、トランシルヴァニア公国の最高裁判所が置かれたことから、社会、経済での活発な成長を経験することとなった。

ハプスブルク領内での1848年革命の首領アヴラム・ヤンクは、トランシルヴァニアでルーマニア人の権利獲得闘争を始める前は、トゥルグ・ムレシュの若い弁護士であった。

1880年、ポーランドの将軍ユゼフ・ベム像が、市中心部のロセス広場に設置された。1893年、同様にコッシュート・ラヨシュの像も置かれた。1907年にはラーコーツィ・フェレンツ2世像が置かれた。この3体の像は、第一次世界大戦後の1923年に取り払われた。

かつてあったコッシュート像

市の県内での存在は、19世紀終盤と20世紀初頭に大きく変化した。1913年、トランシルヴァニアでのウィーン分離派様式を採用した市庁舎が、市長ジョルジ・ベルナージの都市再開発の一部として開館した。経済の成功は第二次世界大戦まで続いた。対立の後、トゥルグ・ムレシュはトランシルヴァニアの他と同様にルーマニアへ併合され、オショルヘユ(Oșorheiu)と改名した。1910年には89%をハンガリー人人口が占める一方、20世紀半ばにはルーマニア人人口が増加した。

1940年から1944年、ウィーン裁定の結果、トゥルグ・ムレシュを含むルーマニア北部がハンガリーへ割譲された。この時期、ユダヤ人ゲットーが市内につくられた。ルーマニア人が市の支配を取り戻すのは、大戦末期の1944年10月だった。

第二次世界大戦後、ルーマニア共産主義政権は重厚な工業化政策を指揮し、完全に共同体の体裁を変え、市にはハンガリー人自治県首府が置かれた(15年後廃止)。その後、トゥルグ・ムレシュはムレシュ県の経済、社会の中心地となった。

1990年3月、共産主義政権を倒したルーマニア革命のすぐ後、トゥルグ・ムレシュは少数派ハンガリー人とルーマニア人との暴力的対決の舞台となった(en:Ethnic clashes of Târgu Mureș)。

2000年、トゥルグ・ムレシュ人口の相当な割合が、恒常的に外国へ出稼ぎに流出し始めた。地元経済は多様な投資が地域に投入されたことで、強さを取り戻し始めた。

トゥルグ・ムレシュには、多くのハンガリー住民が暮らし、その一部はセーケイ人を自認している。2003年以後、一部のセーケイ人組織が、自治県の中心地になろうと宣伝を行ってきた。現市長ドリン・フロレアは、初の直接選挙で選出されたルーマニア人市長であるが、市議会はハンガリー人が多数派を維持している。

統計[編集]

劇場広場

2002年の調査によると、基礎自治体トゥルグ・ムレシュの人口は149,577人で、民族比は以下のようになっている。

Official 2002 census data
民族 人数  %
ルーマニア人 75,317 50.35%
ハンガリー人 69,825 46.68%
ロマ人 3,759 2.51%
ドイツ人 275 0.18%
不明 401 0.27%

2002年の調査は、初めてハンガリー系住民が少数派に登場した。基礎自治体トゥルグ・ムレシュでは公用語はルーマニア語とハンガリー語となっており、行政、司法、教育、公の表示などで公式に使用されている。

交通[編集]

ギャラリー[編集]

姉妹都市[編集]


外部リンク[編集]