フリードリヒ5世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ5世
Friedrich V
プファルツ選帝侯
1596 Friedrich.jpg
在位 1610年 - 1623年(プファルツ選帝侯)
1619年 - 1620年(ボヘミア王)
別号 ライン宮中伯ボヘミア王
出生 1596年8月16日
オーバープファルツ、ヤークトシュロス
死去 1632年11月29日
マインツ
配偶者 エリザベス・ステュアート
子女 ハインリヒ・フリードリヒ
カール・ルートヴィヒ 
エリーザベト
ループレヒト
モーリッツ
ルイーゼ・マリア
ルートヴィヒ
エドゥアルト
ヘンリエッテ・マリー
フィリップ
シャルロッテ
ゾフィー
グスタフ・アドルフ
王家 プファルツ=ジンメルン家
父親 フリードリヒ4世
母親 ルイーゼ・ユリアナ・ファン・ナッサウ
テンプレートを表示

フリードリヒ5世Friedrich V., 1596年8月16日 - 1632年11月29日)は 、プファルツ選帝侯(在位:1610年 - 1623年)、ボヘミアフリードリヒ1世チェコ語Friedrich Falcký, 在位:1619年 - 1620年)。

1618年プラハ窓外投擲事件に始まる三十年戦争では、ボヘミア等族議員によってボヘミア王に選ばれたが、1620年の白山の戦いハプスブルク家が勝利を収めると王位を失った。そのことから冬王と呼ばれる。

生涯[編集]

1596年、現在のドイツオーバープファルツ、アンベルク近くのダイスシュヴァイクにあったヤークトシュロス(Jagdschloss)で生まれた。父はプファルツ選帝侯(ライン宮中伯)フリードリヒ4世、母はオランダ総督オラニエ公ウィレム1世シャルロット・ド・ブルボン=ヴァンドームの娘ルイーゼ・ユリアナである。1610年、父の死去によりプファルツ選帝侯を継承した。

1619年にボヘミアのプロテスタントの貴族たちは、カトリック神聖ローマ皇帝、ハプスブルク家のフェルディナント2世を王位から排除すべく、フリードリヒ5世にボヘミア王即位を申し出た。フリードリヒ5世がプロテスタント同盟の有力なメンバーだったためである。またこの同盟は、フリードリヒ5世の父フリードリヒ4世が帝国におけるプロテスタントの擁護のために結成したものであった。

フリードリヒ5世は即位を受諾したが、同盟者たるべきプロテスタント同盟はフリードリヒ5世への軍事的支援に失敗、反対にフェルディナント2世はフリードリヒの族兄であるバイエルンマクシミリアン1世を中心としたカトリック連盟を始めとする諸侯の支持を取り付け、スペイン軍がフリードリヒ5世の本拠であるプファルツに侵攻し占拠、ボヘミアの皇帝派貴族に反乱を起こさせ、準備を整えてからボヘミアへ出兵した。翌1620年11月8日の白山の戦いでボヘミア貴族連合軍はカトリック軍に敗北し、フリードリヒ5世のボヘミア王としての治世は終わった。戴冠式から1年と4日のボヘミア王であったため、フリードリヒ5世は冬王と呼ばれることになった。

戦後、スペインは1621年にプファルツから撤退してオランダへ向かったが、フリードリヒはこの隙にプファルツ奪還を図り、傭兵隊長エルンスト・フォン・マンスフェルトクリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルバーデン=ドゥルラハ辺境伯ゲオルク・フリードリヒらが挙兵したが、いずれもカトリック連盟司令官のティリー伯に打ち破られ、ティリーは1622年にプファルツを占拠、フリードリヒはオランダへ逃れた。

1623年、フリードリヒ5世の封地と選帝侯位を剥奪する勅令が公式に出され、それらは同族のマクシミリアン1世に与えられた。1630年に三十年戦争に介入したスウェーデングスタフ2世アドルフは、フリードリヒに戦線に復帰するよう要求したが、選帝侯であるフリードリヒは他国の王の指図を好まず、復帰を拒否した。

フリードリヒは余生のほとんどを妻や家族と共に亡命先のハーグで暮らし、1632年にマインツペストが要因で死去した[1]。36歳だった。

一説ではフリードリヒはグスタフ2世アドルフの死の報告を聞いてから間もなく昏倒したという。1648年ヴェストファーレン条約が締結されると次男のカール1世ルートヴィヒは新設の選帝侯としてドイツに戻り、マクシミリアン1世も選帝侯として認められた。

家族[編集]

フリードリヒは「冬王」とよばれるようにボヘミア王としての治世はきわめて短く、このように王冠を被りローブを身にまとった肖像は珍しい。イングランド王女が妃のためにガーター勲章を授与されている。

1613年2月14日、イングランドスコットランドの王ジェームズ1世アン王妃の娘エリザベスと、王室礼拝堂及びホワイトホール宮殿で結婚した。多くの子供をもうけたが、その半分以上が亡命時代に生まれた。

  1. ハインリヒ・フリードリヒ(1614年 - 1629年) - 水死
  2. カール1世ルートヴィヒ1617年 - 1680年) - プファルツ選帝侯
  3. エリーザベト1618年 - 1680年) - ヘルフォルト女子修道院長、デカルトとの書簡のやりとりで知られる。
  4. ループレヒト(ルパート、1619年 - 1682年) - カンバーランド公イングランド内戦で活躍
  5. モーリッツ(モーリス、1620年 - 1652年) - イングランド内戦に参戦
  6. ルイーゼ・マリア(ルイーゼ・ホランディーネ、1622年 - 1709年) - モビュイソン女子修道院長
  7. ルートヴィヒ(1624年 - 1625年
  8. エドゥアルト1625年 - 1663年
  9. ヘンリエッテ・マリー1626年 - 1651年) - ラーコーツィ・ジグモンド伯爵と結婚
  10. フィリップ1627年 - 1650年
  11. シャルロッテ(1628年 - 1631年
  12. ゾフィー1630年 - 1714年) - ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストと結婚
  13. グスタフ・アドルフ(1632年 - 1641年

脚注[編集]

  1. ^ 菊池、p129-130。

参考文献[編集]

先代:
フリードリヒ4世
プファルツ選帝侯
1596年 - 1632年(1623年)
次代:
マクシミリアン1世
カール1世ルートヴィヒ
先代:
フェルディナント2世
ボヘミア王
1619年 - 1620年
次代:
フェルディナント2世(復位)