エルンスト・アウグスト (ハノーファー選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・アウグスト

エルンスト・アウグストドイツ語Ernst August, Kurfürst von Hannover, 1629年11月20日 - 1698年1月23日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの1人でカレンベルク侯(在位:1679年 - 1698年)。1692年からハノーファー選帝侯)と改称された。また、オスナブリュック司教でもあった(在位:1661年 - 1698年)。

父はカレンベルク侯ゲオルク、母はヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世の娘アンナ・エレオノーレクリスティアン・ルートヴィヒゲオルク・ヴィルヘルムヨハン・フリードリヒは兄、デンマークノルウェーの王フレデリク3世ゾフィー・アマーリエは姉、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世アマーリア・ヴィルヘルミーネは姪に当たる。

生涯[編集]

1658年プファルツ選帝侯(一時ボヘミアでもあった)フリードリヒ5世と妃エリザベスの娘ゾフィーと結婚した。成人した4番目の息子だったため公位を継ぐ可能性がほとんどなく、1661年にヴェストファーレン条約でブラウンシュヴァイク=リューネブルク公が指名権を持っていたオスナブリュック司教となった。オランダ侵略戦争では神聖ローマ皇帝レオポルト1世に味方してフランス軍と交戦した。

しかし兄のうち2人が嗣子なくして死去したので、家督を相続して1679年に父の遺領の一部、ゲッティンゲンを含むカレンベルク侯領を相続した。また、イングランドジェームズ1世の外孫ゾフィーと結婚したことで、長男のゲオルク・ルートヴィヒ(ジョージ1世)がイギリス王位を継承するという幸運を得る。更に1682年、リューネブル侯ゲオルク・ヴィルヘルムの一人娘ゾフィア・ドロテアとゲオルク・ルートヴィヒの結婚で、リューネブルクはゲオルク・ルートヴィヒに受け継がれることも確定した。

1683年に自身の死後の領地の分割を避けるため、長子相続の原則を採用しゲオルク・ルートヴィヒを後継者に指名した。また、ハノーファーのライネ川沿いに築かれたライネ城の拡張に取り組み1689年にオペラ劇場を完成させ、ハノーファー北西のヘレンハウゼン宮殿と庭園の整備・拡張も行い、1695年に宮殿南側にオランジュリー(植物保護用の温室)を設置、1696年から1697年にかけてバロック様式の庭園を完成させた。レオポルト1世に随って大同盟戦争オスマン帝国との戦争(大トルコ戦争)にも参加した。

1692年、レオポルト1世に選帝侯位を要求、戦争従軍の功績から要求を認められ、9番目の選帝侯に指名され領土はハノーファー公国と改称されたが、1698年、議会の承認を得る前に68歳で死去した。ゲオルク・ルートヴィヒはハノーファーを相続、1705年にゲオルク・ヴィルヘルム死後のリューネブルクも継承、1714年にイギリス王に即位した。選帝侯の地位が実際に認められたのは選帝侯会議に列席した1708年である。

子女[編集]

公妃ゾフィーとの間に7男1女をもうけた。

参考文献[編集]

  • 谷口健治『ハノーファー 近世都市の文化誌晃洋書房、1995年。
  • 友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史彩流社、2007年。
先代:
フランツ・ヴィルヘルム
オスナブリュック司教
1661年 - 1698年
次代:
カール・ヨーゼフ
先代:
ヨハン・フリードリヒ
カレンベルク
1679年 - 1698年
次代:
(選帝侯へ陞格)
先代:
ハノーファー選帝侯
1692年 - 1698年
次代:
ゲオルク1世ルートヴィヒ