エーレンガルト・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Melusine von der Schulenburg.jpg

エーレンガルト・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルク(Ehrengard Melusine von der Schulenburg, 1667年12月25日 - 1743年5月10日)は、イギリスジョージ1世ドイツ語名ゲオルク・ルートヴィヒ)の愛妾。ドイツの貴族グスタフ・アドルフ・フォン・デア・シューレンブルクの娘でザクセンの将軍ヨハン・マティアス・フォン・デア・シューレンブルクの妹。

エムデンで生まれる。ハノーファー選帝侯ゾフィーの侍女にとりたてられ、当時は選帝侯世子であったゲオルク・ルートヴィヒの愛妾となった。彼女は長身で非常に痩せており、ドイツでは『かかし』というあだ名がつけられていた。美貌の妃ゾフィー・ドロテアがいながら、ゲオルク・ルートヴィヒは全く妻を顧みず、愛妾を厚遇した。

1714年、イギリス王位につくと、ゲオルク・ルートヴィヒはメルジーネを連れてイングランドに渡った。1716年7月、ジョージ1世はメルジーネを1代限りのアイルランド貴族マンスター公爵夫人、ダンガノン侯爵夫人、ダンドーク男爵夫人と称号を複数授けた。1719年3月にはグレートブリテン貴族として、ケンダル公爵夫人、フィヴァシャム伯爵夫人、グラストンベリ男爵夫人の称号を授けた。1723年には、神聖ローマ皇帝カール6世によりエーベルシュタイン公爵夫人とされた。この外国の称号を授けられた頃から、メルジーネはジョージ1世と秘密裡に結婚しているのではないかという噂が流れた。

ジョージ1世は1694年にゾフィー・ドロテアと離婚後、彼女を幽閉し続けていたため、メルジーネが実質的な王妃としてイギリス宮廷を牛耳った。金銭欲が強く、王に面会を求める貴族や商人からその都度紹介料を巻き上げた。首相ロバート・ウォルポールによれば、彼女は時には入札で王への面会者を選んだという。国民はメルジーネの長身をあてこすって“メイポール”(五月祭に掲げる高い柱)というあだ名をつけて呼んだ。彼女はミドルセックスにあるケンダル・ハウスという自宅に住み、公的には独身のまま1743年に没した。

子女[編集]

いずれもジョージ1世との間に生んだ子供である。

  • アンナ・ルイーゼ・ゾフィー・フォン・デア・シューレンブルク(1692年 - 1773年) - エルンスト・フォン・デム・ブッシェの妻。  
  • ペトロニラ・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルク(1693年 - 1778年) - ウォルシンガム伯爵夫人。第4代チェスターフィールド伯フィリップ・スタンホープの妻。