エレオノール・ドルブリューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リューネブルク侯夫人エレオノール・ドルブリューズ

エレオノール・ドルブリューズ(Eleonore d’Olbreuse, 1639年1月3日 - 1722年2月5日)は、リューネブルクゲオルク・ヴィルヘルムの妃。イギリスハノーファー選帝侯ジョージ1世ゾフィア・ドロテアの母。

フランスのオルブリューズ城(現在のドゥー=セーヴル県ニオール近郊)でオルブリューズの小領主アレクサンドル2世の娘として生まれた。一族はユグノーの下級貴族の家柄だった。1648年ヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム5世の娘のエミリエがパリでトレモワイユ公アンリの息子アンリ・シャルルと結婚するとエミリエの女官として仕えた。

1664年冬、エレオノールはゲオルク・ヴィルヘルムと出会い、愛妾となって1666年に一人娘ゾフィア・ドロテアを儲けた。1674年にエレオノールは神聖ローマ皇帝レオポルト1世からヴィルヘルムスブルク伯爵位を叙爵、1676年に正式にゲオルク・ヴィルヘルムと結婚、ゾフィア・ドロテアも認知された。1682年、ゲオルク・ヴィルヘルムの弟カレンベルク(後にハノーファー選帝侯)エルンスト・アウグストと妃ゾフィーの息子ゲオルク・ルートヴィヒ(後のイギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ1世)にゾフィア・ドロテアを嫁がせた。しかし夫婦仲は悪く、1694年にゲオルク・ルートヴィヒはゾフィア・ドロテアと離婚、アールデン城に幽閉した。エレオノールは娘の解放を願ったが、実現されなかった。

1722年、83歳の高齢でツェレ城で亡くなり、遺体はツェレの聖マリア教会に埋葬された。4年後の1726年にゾフィア・ドロテアも幽閉されたまま死去した。彼女が生んだ孫ゲオルク・アウグスト(後のジョージ2世)を通してハノーヴァー朝はゲオルク・ヴィルヘルムとエレオノールの血統も継いで存続した。