フリードリヒ4世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ4世
フリードリヒ4世

フリードリヒ4世Friedrich IV, 1574年3月5日 - 1610年9月19日)はプファルツ選帝侯(在位:1583年 - 1610年)。ルートヴィヒ6世ヘッセン方伯フィリップ1世の娘エリーザベトの子。1583年から1592年までは、未成年のため叔父のプファルツ=ジンメルン公ヨハン・カジミールが摂政を務めた。

熱心なカルヴァン派で、神聖ローマ帝国におけるプロテスタントの擁護のため、プロテスタント諸侯を糾合して1608年プロテスタント同盟を結成し、その盟主となった。

子女[編集]

1593年オランダ総督オラニエウィレム1世シャルロット・ド・ブルボン=ヴァンドームの娘ルイーゼ・ユリアナと結婚、8人の子を儲けた。

先代:
ルートヴィヒ6世
プファルツ選帝侯
1583年 - 1610年
次代:
フリードリヒ5世