マリア・ルドヴィカ・フォン・シュパーニエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ルドヴィカ

マリア・ルドヴィカ(ドイツ名:Maria Ludovika von Spanien, 1745年11月24日 - 1792年5月15日)は、神聖ローマ皇帝レオポルト2世の皇后。父はスペイン王カルロス3世、母はポーランド王ザクセン選帝侯アウグスト3世の娘マリア・アマリア。スペイン名はマリーア・ルイサ・デ・エスパーニャ(María Luisa de España)。

カンパニア地方のポルティチで生まれた。当時、父カルロスはナポリシチリアの王であった。

1764年にハプスブルク=ロートリンゲン家のレオポルト大公と結婚、翌1765年にレオポルトが父である皇帝フランツ1世からトスカーナ大公国を相続したことでトスカーナ大公妃となった。

1790年にはレオポルトが兄ヨーゼフ2世から帝位を継承したため皇后となったが、1792年に夫と死別後間もなく自身も死去した。

子女[編集]

夫のレオポルト2世との間に16子をもうけた。