馬鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「馬鹿」の漢字。

馬鹿(ばか)とは、日本語で相手をからかったり侮蔑(その立場を低く見なす事で、相手の感情を損なう・人格の否定)するため、最も普通に使われる[1] 卑語俗語である。公の席で使うと刺激が強過ぎることがある[1]

漢字では莫迦馬稼破家跛家等と表記するが、馬鹿を含めいずれも借字である。平仮名片仮名ばかバカと表記する場合もある。また、インターネット上では「ヴァカ」や「βακα」(ギリシャ文字等の特殊な字を使うクサチュー語表記)などと表記されることもある。

分析[編集]

この語は、あまりにも普遍的に用いられる事が多い事から、使う人・使われる相手(または対象)・使われる場により意味が変動する様子が見られる。一般的に関東では軽い揶揄程度で使われることが多いが、関西では本当に罵り倒すときに使用されるなど、地域性の違いも見られる。相手の出身によって受け取られ方も大きく違う事も注意を要する(下記方言と分布状況参照)。

比較的多く見られるニュアンスでは「知識が足りない」や「思慮が足りない」、さらには「理解の度合いが足りない(ステレオタイプを乱用している)」という意味合いで用いられる。ただ、基本的に当人の理解しようとする意思努力が不足しているとする傾向が強く、類語である阿呆(あほう:理解したり思考する能力が不足している)との違いも見られ、先に挙げた関西と関東の「罵り程度の強弱」は、阿呆と馬鹿で逆転している傾向も見られる。意味自体に地域性は無いが、関東では阿呆というと、かなり強い軽蔑の意味を持つことが多い。

その一方で、罵る意味が欠落する場合も多い。典型的な例としては、親しい間柄や恋人(特に男性が女性に)の間でかわされる会話が挙げられる。この場合の意味にはののしる意味はない。「親しさ」の表現や「恥じらい」、または「本気で愛している」を表現する上での符丁のように、様々な局面で用いられる。いずれにせよ長所も短所も併せて好き合っている間柄でないと同語はあまり使用されず、非常に親密な状態を示すバロメータと言えよう。 馬鹿の「ばっ」という言葉を用いる場合もあるがこの場合は馬鹿と言いかけそうになった場合で本当に言ってる訳ではない。

他方では、何かに熱中している人を指し・または自称で「馬鹿」とする場合がある。これは熱中する余り、他への配慮が等閑(なおざり)になっている様子を指している。例えば漫画を原作とする映画シリーズでは『釣りバカ日誌』が邦画の中でも好調な興行成績を挙げているが、同映画に登場するのは「釣りを他よりも大きく優先するサラリーマン」と、「歳を取って釣りに出会い、その面白さについ没頭してしまう経営者」のユーモラスな友情である。この場合の「バカ」は主に自称であるが、時に一種の尊称として扱われる場合もある。もっと昔からいわれてきた「大馬鹿」に似た表現で、ごく最近の若者言葉では、あまりにも踏み外した者を「超馬鹿」「激馬鹿」など馬鹿の前に修飾する事で踏み外し度合いを強調することもある。

しかし、同語は多かれ少なかれ感情的な意味合いを含む言葉であるため、その用法は公的な場では制限される事が多い。例えば、所属組織の上司に向かい同語を用いると、社会人として致命的な状況に追い込まれる可能性がある。また、子供同士の他愛の無い喧嘩などで、お互いにバカだ何だと罵り合う・掴み合う様がしばしば見られるが、これは傍目には、双方が馬鹿のように見える一つのケースである。さらに、同語を繰り返し用いると、相手の気分を害したり、人を見下す意味合いになる場合もある。

他の語と組み合わされる場合[編集]

先述のように、馬鹿を強調する場合には前に「大」を付ける「大馬鹿(おおばか)」が一つの定型である。そして、もう一つの定型としては、後ろに野郎がつく「馬鹿野郎」がある。また、「馬鹿者(ばかもの)」という使われ方もある。

さらに、強調ではなく個人を特定する表現で「馬鹿者」がある。これを強調する場合には「大馬鹿者(おおばかもの)」が使われる。

罵倒語同士の組み合わせとしては「馬鹿たれ」がある。

逆に皮肉な表現としては「小馬鹿(こばか)」がある。

肯定的に扱われる場合[編集]

たとえば『空手バカ一代』のように、不器用ながらも一つの道を曲げずに歩き続けることで何らかのものを大成する、そのような姿をバカという例もある。「愚直の一念」といった表現もある。また、素直ではあるが気が利かないために役に立たない者は、しかしその真っ直ぐさのために何らかの感動を与える場合もある。

ややこしい考えやたくらみを練らなければ、生きてゆく上では失敗や損もあるだろう。特にだまされることはあるに違いない。「正直者が馬鹿を見る」との言葉もある。しかし、だますのは罪だがだまされるのは罪ではない(場合が多い)。このような馬鹿は、少なくとも正直者ではいられる。『イワンの馬鹿』や『雨ニモマケズ』はこの方向かと思われる。

やや似ているが、様々な状況を配慮し、それにそう形で物事を解決するような大人の判断に対して、それでは正義が真っ直ぐに貫けない場合がある。若者がそういった状況に耐えられずに真っ直ぐに進む様を「馬鹿」という例もある。馬鹿正直などは場合によってはこれを意味する。あるいは若者の暴発しがちなエネルギーをさして馬鹿という例もある。たとえば年を感じて「もう馬鹿はできないなあ」というのが逆説的であるがそれを示している。

他方、物事を考える力が弱く、うまく物事を進められない場合、様々な失敗をすることになるが、その姿は、むしろ色々なことに気を遣い、先を読んで動かざるを得ない社会においては、一服の清涼剤ともなるであろう。禅僧の一つの姿としての良寛などはこれに近い。漫画『天才バカボン』のキャラクターであるバカボンのパパもそういう役割を担うことがある。

遠藤周作の小説『おバカさん』はキリストを模しているとされる。

なお、より大きな馬鹿は大物となり得る、といった表現は文学などで見ることがある。例えば司馬遼太郎は小説『項羽と劉邦』にての高祖劉邦をそのように描いている。

馬鹿のもつ意味合いと使用される状況の例[編集]

とりあえず失敗した場合に罵倒する。
愚かな行為や人物
「馬鹿なことをした」「馬鹿者!」など。知的障害者は知能が低いために馬鹿であるとみなされることがある[2]
一般常識、知識の乏しい人物
「○○も知らないの?お前馬鹿だな」「テスト0点だったの?馬鹿だね」など。
何かにこだわるなどして客観的で理性的な判断が出来ない状態
親馬鹿など。
ある特定分野にのみ通暁し、一般常識が欠落している人物を評する場合
「あいつは数学馬鹿だから」(ある得意分野には秀でているが他の知識は著しく疎い状態・または人、という否定的意味で使われるが、数学の知識だけは豊富に持ち、その方向には異常な執着を示す人物という肯定的意味で使われる場合もある)・「サッカーバカ」・「野球バカ」・「専門バカ」・「戦馬鹿」など。『空手バカ一代』『釣りバカ日誌』というマンガもある。
役に立たないことを指す場合
「ネジが馬鹿になる」(過度の締付トルクで雌ネジ部を破損した状態。いくら締めてもネジはクルクルと回るだけで締結できない)など。
並外れて凄いものを表現する接頭語
「馬鹿正直」「馬鹿騒ぎ」「馬鹿でかい」など。「バカ受け」「バカ売れ」などはずいぶん新しい。一方、新潟地方では古くから「馬鹿〜」で”程度が甚だしい”という方言として用いられていたと「ばかうけ」という米菓を製造する栗山米菓HPに記述がある。

歴史[編集]

文献における出典は次のとおり。

  • 「かかるところに、いかなる推参の馬鹿者にてありけん」(太平記-巻第十六)
  • 「馬鹿 或作母嫁馬嫁破家共狼藉之義也」(文明本節用集)
  • 「馬鹿 指鹿曰馬之意」(運歩色葉集)
  • 「此家中には、何たる馬嫁も、むさと知行を取ぞと心得て」(甲陽軍鑑-品十三)
  • 「女朗まじりの大桶、みるから此身は馬鹿となって」(浮世草子・好色一代男-五・三)

南北朝時代の太平記での「馬鹿者(バカノモノ)」の使用が初出である。 初期の頃での「馬鹿者」は文明本節用集にあるとおり「狼藉をはたらく者」で、現在の「愚か」の意味を含む言葉ではなかった。「愚か」を指す言葉には他に古代から使われていた「烏呼者(ヲコノモノ)」があり、そちらが使用されていた。馬鹿が「愚か」の意を含むようになるのは江戸時代の好色一代男あたりからである。

語源[編集]

語源についてはいくつか説があるが、決定的なものはない。ただし、文献による初出が太平記における「馬鹿者」であり、「馬鹿」という用法はそれより後世である事から、当初は「馬鹿者」という熟語としてのみ使われたと思われ、それを前提とした説のほうが若干優勢であると言える。

史記の「鹿を指して馬という」の故事を語源とする説
最も普及している説。の2代皇帝・胡亥の時代、権力をふるった宦官趙高は謀反を企み、廷臣のうち自分の味方と敵を判別するため一策を案じた。彼は宮中に鹿を曳いてこさせ『珍しい馬が手に入りました』と皇帝に献じた。皇帝は『これは鹿ではないのか』と尋ねたが、趙高が左右の廷臣に『これは馬に相違あるまい?』と聞くと、彼を恐れる者は馬と言い、彼を恐れぬ気骨のある者は鹿と答えた。趙高は後で、鹿と答えた者をすべて殺したという。しかし「馬鹿」のうち鹿の「か」は訓読みであり、中国風の音読みで馬鹿を「ばか」と読むことはできないなどの問題がある。
サンスクリット(梵語)説
サンスクリット語で「痴、愚か」を意味するmohaの音写である莫迦の読みからくるとする説。僧侶が使っていた隠語であって馬鹿という表記は後の当て字であるとする。江戸時代の国学者天野信景が提唱した説であり、広辞苑をはじめとした主要な国語辞典で採用されている。しかし馬鹿に「愚か」という意味が当初はなかったことから、疑問視する研究もある。
同じサンスクリット語のmahailaka摩訶羅:無知)[要出典]あるいはmaha摩訶:おおきい、偉大な)を語源とする説もある[要出典]
バングラデシュの公用語であるベンガル語でも「バカ」[要出典]という単語は日本語と同じく愚かな者を指す。ベンガル語はサンスクリットを祖語とする。
若者説
「若者(wakamono)」のw音がb音に転じて「馬鹿者」となったとする説。民俗学者柳田國男は、広辞苑の編者・新村出が提唱したと書いているが、新村が文章として残していないため不明。新村は広辞苑でサンスクリット説を採用しているが、積極的な採用ではなかったようである。
破家説
禅宗の仏典などに出てくる破産するという意味の「破家」と「者」をくっつけて、「破産するほど愚かな者」というところから「馬鹿者」という言葉が生まれたとする説。東北大学の佐藤喜代治によって提唱され、日本国語大辞典で採用されている。
馬家説
中国にいた馬という姓の富裕な一族が、くだらぬことにかまけて散財し、その家が荒れ放題となったという白居易白氏文集にある詩の一節から生まれたとする説。「馬家の者」から「馬鹿者」となったとする。『全国アホ・バカ分布考』で松本修が提唱した。
はかなし説
雅語形容詞である「はかなし」の語幹が変化したという説。金田一春彦はこの説によっており、これをとる国語辞典もある。
をこ説
古語で愚かなことを「をこ」といい、これがなまったとする説(アホもこれに由来するのではないかともいうが、いずれも証拠はない)。

方言と分布状況[編集]

関東は「馬鹿」、関西は「阿呆アホ)」であるとする場合もあるが、実際の分布状況はそう簡単ではない。

大阪の朝日放送のバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』において「『アホ』と『バカ』の境界線はどこか」という視聴者からの依頼を元にした調査が行われた。この際に名古屋で「タワケ」が用いられていたこと、番組に秘書として出演していた長崎県出身の岡部まりが「(長崎では)『バカ』と言っていた」と発言したこと、これを見た視聴者から全国各地の「バカ」に相当する方言が寄せられたことなどから、出演者の上岡龍太郎の提案でより本格的な調査が試みられた。1991年平成3年)、(当時の)全ての市町村の教育委員会を対象にしたこの種の表現の分布状況についての大規模なアンケート調査が行われ、その調査結果に基づいた特別番組が放映され、多数の賞を受賞したほか日本方言研究会でも注目された。この制作過程を記した『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』(同番組プロデューサー・松本修著、ISBN 4101441219)に非常に詳しい調査結果と考察が載っている。

この番組で制作された「全国アホ・バカ分布図」によれば、「馬鹿」は近畿以西でも却って使われており、また全国各地の方言において「馬鹿」以外の表現も数多く見られる。例えば東北地方では「ホンジナシ」という言葉やこれに似た言葉が多く見られるが、「バカ」系の言葉や「タクランケ」「ハンカクサイ」という言葉も見られる。愛知県は「タワケ」が多いと言われるがこれは西部(尾張地方)で、東部(三河地方)では静岡県の一部などと共に「トロイ」が多い。三重県や岡山県には「アンゴウ」という言葉が見られる。富山県・石川県・滋賀県高島市[3]・鳥取県・島根県東部には「ダラ」、「ダラズ」という言葉が見られる。また沖縄地方では「フリムン」や「プリムヌ」という言葉が見られる(これらは一例であり、これら以外の語彙もそれぞれの地域に見られることに注意する必要がある)。「ボケ」などといったその他の言葉も含めて、同心円状に分布しており、同書ではその円の中心が長らく日本の首都であった京都であると指摘している。これは柳田國男が『蝸牛考』で考察している他の言葉の分布状況とも対応する。

馬鹿と阿呆のどちらが厳しい表現か、「概要」の節で触れたように、関東の人は「アホ」と言われると非常に侮辱されたと感じる場合が多いし、関西の人は「バカ」と言われると非常に見下されたと感じる場合が多い。ややこしいのが北海道で、移住した人々がそれぞれに「バカ」「アホ」その他の言葉を持ち込んだのだが、地域によってどの言葉がより厳しい表現なのかが異なっている。

要は、これに依れば馬鹿はアホより古い言葉であるが、関東圏が明治以後に文化の中心となり、その地域の語を元に標準語が制定されたため、これに類する語の基本が「馬鹿」になった、と言うことである。

実在する動物:馬鹿(ばろく)[編集]

中国には馬鹿(ばろく)という、鹿の一種がいる。ヨーロッパ中東アカシカ(学名:Cervus elaphus)に近縁で、北米北部とユーラシア大陸北東部に分布するワピチ(学名:Cervus canadensis en)のうち、北東アジアに住むものであり、「馬鹿」を「マールー」と発音する。馬鹿の古い角が、脱落した後に新生する幼角を乾燥させたものは、漢方薬鹿茸(ロクジョウ)として珍重されている

妖怪:馬鹿(むましか)[編集]

馬鹿(むましか)
尾田淑 『百鬼夜行絵巻』

百鬼夜行絵巻に収録されている妖怪。馬の顔に鹿の体を持ち、顔は「馬鹿」という名を表した様な滑稽な表情をしている。この妖怪に関しては多田克己京極夏彦著の妖怪図巻でも言及されている。

「バカ」という言葉の流行と相次ぐ「バカ論」の出版[編集]

近年「バカ」という言葉がブームになっている。古典的には、このような風潮は、ホルスト・ガイヤーの『馬鹿について 人間――この愚かなるもの』がヒットした1960年代まで遡ると思われるが、とりわけ『バカの壁』の大ヒット以降、「バカ」を冠した書籍が相次ぎ発刊されている。ただし当の『バカの壁』については、著者が述べたのとは違う意味で理解され、言葉そのものが一人歩きしてしまったという点がたびたび指摘される。

また、「平成之大馬鹿門」騒動というのもあった。これは、彫刻家空充秋佛教大学に寄贈した石造りの門柱にこの語が彫り込まれていたのが発端である。佛教大学は「馬鹿という言葉は大学には不適切」としてこの語を削ることを求めたが、空がこれを拒否したことなどにより大騒ぎに発展した。結局門柱は佛教大学から撤去されたが、空の思想に共感した兵庫県宍粟郡千種町(現:兵庫県宍粟市)がこの門柱を引き取り、町内の2つの山の山頂に1本ずつ移設された。

馬鹿キャラ[編集]

馬鹿キャラとは、馬鹿なキャラクターを意味する語である。

落語においては、知恵の足らない馬鹿の代表に与太郎がある。また、常識を知らない馬鹿の代表に権助などがある。

2007年平成19年)ごろから日本ではバカ(無知)なキャラクターを売りにしたタレントであるおバカタレント(バカタレ)がブームとなった(おバカタレントブーム)[4][5]。このブームのきっかけはテレビのクイズ番組であるクイズ!ヘキサゴンIIだといわれる[4][5]

日本国外における馬鹿[編集]

米国で、知ってる日本語を挙げよと言えば「バカタレ」が高頻度で挙げられる。これは日本からの初期アメリカ移民の出身地が、この語を多用する中国・九州地方であったことからと考えられ、映画「二世部隊」のセリフの中でもたびたび聞かれる。

第二次世界大戦末期、日本の特攻兵器「櫻花」には連合軍から日本語の馬鹿に由来する「BAKA」のコードネームが与えられていた。

中国でも戦後から現在まで無数に作られてきた抗日題材の映画やドラマでは、日本兵は口癖のように「バカヤロ」(八格牙鲁)と口にするものとして描かれる。「バカヤロ」は同じく日本兵の口癖とされる「ミシミシ」(米西米西=「飯、飯」)に次ぎ頻繁に中国のメディアに登場する日本語である。

韓国では2008年平成20年)に知的障害者が登場する『バカ』(原題『바보』)という映画が公開された。

釣り用語の『バカ』[編集]

リールを用いない釣竿である延べ竿を用いた釣りにおいて、特に渓流釣りでは竿の長さに対して道糸とハリスを合わせた仕掛けの全長が長くなった分を「バカを出す」という。例えば、全長3mの竿に対し仕掛けの長さが3m10cmあった場合、10cmがバカとなる。

糸の巻き取り能力が無い延べ竿を使う場合、竿よりあまりに長い仕掛けでは釣った魚を取り込むという釣り最大の目的を達成できなくなる。このため仕掛けの長さは竿と概ね等しいことが望ましいが、渓流の深場狙いやテンカラ等といった漁法では多少なりともバカを出す必要がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「新明解国語辞典 初版」
  2. ^ たとえばだいすき!! ゆずの子育て日記には軽度の知的障害者が主人公として登場し、彼女が小学校時代に周りから「ばか」呼ばわりされたことが記されている。創作ではあるが、少なくとも傍証にはなるであろう。
  3. ^ かつては加賀藩の領地だった。
  4. ^ a b アナタは何人知っている? 年末・年始も引っ張りだこの“おバカ”タレント、そのブームの背景に迫る! 日経トレンディネット(2007年12月27日)2011年平成23年)4月7日閲覧
  5. ^ a b おバカタレント、その真価を探る All About(2008年10月23日)2011年(平成23年)4月7日閲覧

関連項目[編集]