マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ (1699-1757)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ

マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒドイツ語名:Maria Josepha von Österreich, 1699年12月8日 - 1757年11月17日)は、ポーランドアウグスト3世ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世)の王妃。ポーランド語名Maria Józefa Habsburżanka。

神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世と皇后アマーリア・ヴィルヘルミーネの長女としてウィーンで生まれた。妹は皇帝カール7世バイエルン選帝侯カール・アルブレヒト)の皇后マリア・アマーリエである。

父ヨーゼフ1世死後の1719年8月、ポーランド王アウグスト2世(ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世)の息子フリードリヒ・アウグストと結婚した。ポーランド継承戦争の後、夫はポーランド・リトアニア共和国の王位を継承した。アウグスト2世はハプスブルク家との縁組で、ザクセン選帝侯家の帝国内での地位の向上を期待していた。後にオーストリア継承戦争の際、アウグスト2世は妻の従妹であるマリア・テレジアの家督相続を支持しながらも妻の権利を主張してボヘミアに出兵したが、和平交渉の末に撤退した。

子供[編集]