エリーザベト・フォン・ケルンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ王妃エリーザベトの肖像、15世紀
インスブルックの宮廷教会(Hofkirche)に置かれたエリーザベトのブロンズ像

エリーザベト・フォン・ケルンテン、ゲルツ・ウント・ティロルElisabeth von Kärnten, Görz und Tirol, 1262年頃、ミュンヘン - 1313年10月28日ウィーン)は、オーストリア及びシュタイアーマルクアルブレヒト1世の妻。夫が1298年ドイツ王に選出されると、ドイツ王妃となった。

ケルンテンマインハルト(2世)と、その妻でバイエルン公兼ライン宮中伯オットー2世の娘であるエリーザベトの間の次女として生まれた。1276年ハプスブルク家のドイツ王ルドルフ1世の長男であるオーストリア公アルブレヒトと結婚した。

エリーザベトは賢く、領主としての経営手腕にすぐれた女性で、商才に長けていた。ザルツカンマーグート塩田が建設されたのはエリーザベトの発案だったと言われる。1299年ニュルンベルクにおいてローマ王妃およびドイツ王妃として戴冠した。

夫のアルブレヒト1世は1308年5月1日アーレ川沿いのブルクにおいて、ラインフェルト協定(Rheinfelder Hausordnung)に基づく財産分与が実現されないことに怒った甥のヨハン・パリツィーダの手にかかって暗殺された。夫の頓死に居合わせたエリーザベトは、そのままその地に残り、ブルク郊外にケーニヒスフェルデン修道院Königsfelden)を建設し、死後その修道院に埋葬された。

王妃の遺骸はその後、シュヴァルツヴァルトのザンクト・ブラジエン修道院(Kloster St. Blasien)を経て、現在はケルンテン州のザンクト・パウル・イム・ラヴァンタール女子修道院(Stift St. Paul im Lavanttal)に安置されている。

子女[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]