シュテファン (プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公シュテファン

シュテファン(Stefan, 1385年6月23日 - 1459年2月14日)は、プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公プファルツ選帝侯ドイツ王ループレヒトニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘エリーザベトの四男。プファルツ=ジンメルン家の祖。プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世プファルツ=ノイマルクト公ヨハンの弟、プファルツ=モスバッハ公オットー1世の兄。

1410年、父の遺領を3人の兄弟と分割、ツヴァイブリュッケン公領を獲得した。同年にフェルデンツ伯フリードリヒ3世の娘アンナ・フォン・フェルデンツと結婚、1439年に彼女と死別、1444年にフリードリヒ3世が亡くなるとフェルデンツ伯領及びシュポンハイムを相続した。同年、シュポンハイムは長男フリードリヒに、フェルデンツは四男ルートヴィヒに譲った。1448年に甥であるカルマル同盟(北欧三国)の君主クリストファ・ア・バイエルンが没した際、遺領のノイマルクト公領を弟のオットーと分け合った。

1459年に死去、ジンメルンはフリードリヒが、ツヴァイブリュッケンはルートヴィヒがそれぞれ相続した。

後に長兄ルートヴィヒ3世の家系が断絶すると、フリードリヒの子孫、次いでルートヴィヒの子孫がプファルツ選帝侯位を継承した。また、ルートヴィヒの子孫からはスウェーデン王家(プファルツ朝)、バイエルン王家が出ている。

子女[編集]

先代:
新設
プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公
1410年 - 1459年
次代:
フリードリヒ1世(ジンメルン)
ルートヴィヒ1世(ツヴァイブリュッケン)