フィリップ・ド・ヴァロワ (オルレアン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリップ・ド・ヴァロワ(Philippe de Valois, 1336年7月1日 - 1376年9月1日)は、ヴァロワ朝初代のフランスフィリップ6世と王妃ジャンヌ・ド・ブルゴーニュの息子で、ジャン2世の弟。1344年にオルレアン公に叙された。この時創設されたオルレアン公位はフランスで最初のものである。

1356年のポワティエの戦いでは兄ジャン2世、甥シャルル王太子(後のシャルル5世)とともに一軍を率いて、エドワード黒太子の指揮するイングランド軍と戦ったが、敗走している。

1345年、共に父のいとこであるシャルル4世ジャンヌ・デヴルーの間の娘で、フィリップの8歳年上の又従姉であるカペー家嫡流の王女ブランシュと結婚したが、2人の間に子供は生まれなかった。オルレアン公位は継承者がなく、所領は王領へ編入された。

先代:
創設
オルレアン公
1344年 - 1376年
次代:
消滅
ルイ1世