ジャンヌ・ド・ブルゴーニュ (フィリップ6世王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンヌ・ド・ブルゴーニュ

ジャンヌ・ド・ブルゴーニュ(Jeanne de Bourgogne, 1293年前後 - 1348年12月12日?)は、フランスフィリップ6世の王妃。ジャンヌ・ラ・ボワトゥーズ(Jeanne la Boiteuse)とも呼ばれる(ボワトゥーズは「足の不自由な女」の意味)。ブルゴーニュ公ロベール2世と、フランス王ルイ9世の王女アニェスの次女で、姉マルグリットルイ10世の妃である。

1313年6月、フィリップ・ド・ヴァロワ(後のフィリップ6世)と結婚した。フィリップは1315年から1328年までメーヌ公で、1325年からヴァロワ伯、アンジュー伯でもあった。

2人の間にはジャン(のちのジャン2世)とオルレアン公フィリップらが生まれた。

ジャンヌは知的で強い意志の持ち主で、夫が百年戦争の戦闘で不在時に摂政として采配を振った。

1348年、黒死病で死去した。

1361年、ジャンヌの甥の子ブルゴーニュ公フィリップ1世が嫡出子なしに死ぬと、ブルゴーニュ家の男系が断絶した。次のブルゴーニュ公に縁者の中から誰を選ぶかが問題となり、ジャンヌの姉マルグリットの孫にあたるシャルル・デヴルー(ナバラカルロス2世)が長系相続者の権利を主張したが、結局ジャンヌの長男ジャンが一時王領にした後、四男フィリップ豪胆公に与えた。