カルロス2世 (ナバラ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナバラ王カルロス2世
カルロス2世の紋章

カルロス2世(Carlos II, 1332年10月10日エヴルー - 1387年1月1日パンプローナ)は、ナバラ(在位:1349年 - 1387年)、エヴルー伯(シャルル、Charles, 在位:1343年 - 1387年)。「邪悪王(伯)、悪人王」(スペイン語:el Malo、フランス語:le Mauvais)と呼ばれる。ナバラ王フェリペ3世(エヴルー伯フィリップ・デヴルー)とナバラ女王フアナ2世(ジャンヌ、フランス王ルイ10世の娘)の子。

父からエヴルー伯領を、母からピレネー山麓のナバラ王国の他にコタンタン半島の一部やモルタン伯領、ヴェクサンにあるポントワーズやボーモン・シュール・ワーズやアスニエール・シュール・ワーズなど(1328年に母フアナ2世がフランス王位請求権及びシャンパーニュブリーとの引替に取得していた)を相続した。彼はルイ10世喧嘩王(ル・ユタン、le Hutin)の女系の孫であり、長い間フランス王位を取り戻すことを熱望していた。エヴルー家フィリップ3世の男系の子孫であり、ヴァロワ家が断絶した場合は最有力の後継候補であった。

1354年1月、彼はノルマンディーの所領を接収に来たフランス王の代官(王軍司令官)シャルル・ド・ラ・セルダ(シャルル・デスパーニュとも呼ばれた)の暗殺を指示したと推測されている(暗殺の原因は、カルロス2世の一族に与えられるはずだったアングレーム伯領をジャンのお気に入りであったド・ラ・セルダが受け取ったからとも、扱いがド・ラ・セルダの下になったことに腹を立てたからだとも言われている)。その報復に、ジャン2世はエヴルーとナバラに侵攻した。カルロス2世はエドワード黒太子と同盟して反撃し、その結果マント条約が結ばれ、カルロス2世はさらに領土を拡大した。1356年にカルロス2世はジャン2世に捕らえられ幽閉されたが、ポワティエの戦いの後釈放された。この百年戦争の間、彼はパリで叛乱を起こしたエティエンヌ・マルセルの誘いを受けたり、イングランドと同盟したりと不穏な動きが多かったが、ジャックリーの乱に対しては鎮圧に動いた貴族の一人でもある。

1361年、従弟であるブルゴーニュ公フィリップ1世の早世により、カルロス2世は長系相続者としてブルゴーニュ公位を要求した。彼は1306年に亡くなっているロベール2世の長女マルグリットの孫であったためである。しかし、公位はより血統の近いマルグリットの妹ジャンヌの息子ジャン(フランス王ジャン2世)に渡り、ブルゴーニュ公領は王領となった。

1364年5月16日、カルロス2世は彼がノルマンディーに持つ領土に攻め入ったフランスの傭兵隊長ベルトラン・デュ・ゲクランにコシュレルで敗れ、ブルゴーニュ公位の要求を放棄した。それから、1365年サン=ドニ条約で、カルロス2世のフランス王位に対する請求権を放棄し、1365年3月、シャルル5世とカルロス2世はアヴィニョンで条約を結び、ノルマンディーのセーヌ川下流域にカルロス2世が持つ所領、つまりムーラン、マント及びロングヴィル伯領(イングランドからパリに侵攻するためのルートに当っていた)を放棄する代わりに、シャルル5世がモンペリエ(南仏)の街とその領主権をカルロス2世に与えることになった。ロングヴィル伯位は、この後、デュ=ゲクランに与えられた。

1387年に事故により焼死した。

家族[編集]

妃はフランス王ジャン2世の娘ジャンヌ(スペイン語名フアナ)である。2人の間には7人の子が生まれた。

  • マリー(マリア、1360年 - 1400年) - ガンディア公アルフォンソ妃
  • シャルル(カルロス、1361年 - 1425年) - ナバラ王カルロス3世、エヴルー伯
  • ボンヌ(ボナ、1364年 - 1389年?)
  • ピエール(ペドロ、1366年 - 1412年) - モルタン伯
  • フィリップ(フェリペ、1368年 - ?)
  • ジャンヌ(フアナ、1370年 - 1437年) - 最初はブルターニュ公ジャン4世妃。夫と死別後にイングランドヘンリー4世と再婚。
  • ブランシュ(ブランカ、1372年 - 1385年)
先代:
フィリップ
エヴルー伯
1343年 - 1387年
次代:
シャルル高貴伯