ジャン4世 (ブルターニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロワサールの年代記に登場するジャン4世

ジャン4世・ド・ブルターニュ[1]Jean IV de Bretagne1339年 - 1399年11月9日)は、ブルターニュ。ジャン征服公(Jean le Conquéreur)、ジャン勇敢公(Jean le Vaillant)とも呼ばれた。ジャン・ド・モンフォールとジャンヌ・ド・フランドルの長男。ブルターニュ継承戦争中の1345年に父が急死すると、リッチモンド伯とモンフォール伯位を継承し1364年までブルターニュ公の座をシャルル・ド・ブロワと争った。オーレの戦いでブルターニュ・イングランド連合軍が勝利すると、1365年4月12日に調印されたゲランド条約でブルターニュ公であることを認められた。

継承戦争[編集]

ジャン4世のシール

1345年に父ジャン・ド・モンフォールがシャルル・ド・ブロワとの戦いで戦死した時、ジャンはわずか6歳だった。彼の母ジャンヌ・ド・フランドルが戦いを継続し、勝利を収めていった。ジャンは1357年から軍事作戦に参加した。1364年、彼はシャルル・ド・ブロワが攻撃の準備をしていることを知り、オーレーを包囲した。彼はエドワード黒太子が送り込んだ援軍に助けられて、敵軍を粉砕し、オーレの戦いでシャルル・ド・ブロワを敗死させた。ジャンはシャルル・ド・ブロワの未亡人である「女公」ジャンヌ・ド・パンティエーヴルと交渉を行い、自らを単独でブルターニュ公であると認めさせた第1回ゲランド条約に調印した。

イングランド亡命[編集]

イングランド同盟関係にあり、継承戦争中数年の亡命期間をイングランドで過ごしたジャン4世は、イングランド軍の支援なしに勝つことはできなかった。彼の最初の妃はエドワード黒太子の妹であり、2度目の妃は黒太子の義理の娘であった。また幾人かのイングランド人傭兵隊長や領主要塞とその周辺の管理を委託しなければならなかった(例としてブレスト)。これら外国の軍隊や悪党のイングランド領主が公の周囲や政権・公国内に存在することを貴族から非難され、ベルトラン・デュ・ゲクランオリヴィエ・ド・クリッソン反乱が始まった。ジャン4世はシャルル5世軍に攻め込まれ、ブルトン人貴族の加勢なしに守り切ることができなかった。彼はその後新たにイングランドに亡命せざるをえなかった。

凱旋[編集]

1378年、シャルル5世はブルターニュ公国の家臣に対する懲罰として公国を没収し、フィリップ2世プランタジネット朝に対してしたように、公国をフランス王領に併合した。彼の公国召し上げは非常に過酷だった。1380年にシャルル5世が死ぬとブルトン人貴族は反乱を起こし、その先頭にはジャンヌ・ド・パンティエーヴルの姿があった。ジャン4世はイングランド軍とともにディナールに上陸し、公国の支配権を取り戻した。イングランド軍は、公国の再征服を行うジャン4世がそれら征服地に対して負う債務を保証するため、4つの海上要塞、戦略的要塞である10箇所の城を攻略した。この、ブルターニュ公の「凱旋」は伝統歌An Alarc'hブルトン語白鳥)の主題となっている。ブルターニュ独立の象徴として、様々な現在の芸術家が取り上げている。

シャルル6世と和解し臣従すると、ジャン4世は平和理に公国を治めた[2]。しかしジャン4世は1387年7月にヴァンヌに議会を招集してブルトン人貴族を集め、フランス軍元帥となっていたオリヴィエ・ド・クリッソンを捕らえた[3]。クリッソンは膨大な身代金を払って釈放され、彼はブルターニュにおける自らの利益を守るため悲惨な条約に署名せざるをえなかった。

子女[編集]

1355年、ロンドンでメアリー・オブ・イングランド(1344年-1362年、エドワード3世フィリッパ・オブ・エノーの子)と結婚。マリーと結婚4年目で死別すると、1366年にケント伯トマス・ホランドジョーン・オブ・ケントの娘ジョーン・ホランド(1350年-1384年)と再婚した。上記の2人の先妻との間に子はない。

ジョーン・ホランドと死別して2年後の1386年、ジャン4世はゲランドにてジャンヌ・ド・ナヴァールと再婚した。

  • ジャンヌ(1387年-1388年)
  • 女児(1388年)
  • ジャン5世(1389年-1442年)
  • マリー(1391年-1446年) - アランソン伯ジャン1世の妻
  • マルグリット(1392年-1428年) - アラン9世・ド・ロアンの妻
  • アルテュール3世(1393年-1458年)
  • ジル(1394年-1412年)
  • リシャール(1395年-1438年)
  • ブランシュ(1397年-1419年) - ジャン4世・ダルマニャックの妻

ジャン4世亡き後、幼い子供たちの領地管理者となったのはメーヌ伯ギィ12世・ド・ラヴァル(fr)である。

脚注[編集]

  1. ^ ブルターニュ継承戦争の間、ジャン・ド・モンフォールがブルターニュ公だったとみなせばジャン4世に数えられる。イギリスでは彼の後継者をジャン5世とする。一方でフランスではジャン・ド・モンフォールをブルターニュ公に数えないため、息子がジャン4世とされる
  2. ^ Hommage simple plutôt que lige, Auray 1364, Laurence Moal, p122, voir aussi Histoire de Bretagne : 1364-1515 / Arthur Le Moyne de La Borderie, p11
  3. ^ Françoise Autrand, Charles VI, Fayard 1986, p.175
先代:
ブルターニュ継承戦争による中断
ブルターニュ
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
1364年-1399年
次代:
ジャン5世