アルテュール3世 (ブルターニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルチュール・ド・リッシュモン

アルチュール・ド・リッシュモン(Arthur de Richemont, 1393年8月24日 - 1458年12月26日)は、百年戦争後半にフランス王軍司令官として活躍した軍人。「正義の人」(Le Justicer)の異名がある。ブルターニュジャン4世ジャンヌ・ド・ナヴァールの次男で、当初パルトネ卿、リッチモンド伯(名目のみ)、後に甥(兄の子)のピエール2世の跡を継ぎブルターニュ公アルチュール3世(Arthur III de Bretagne, ブルトン語:Arzhur III a Vreizh, 在位:1458年)となった。他にトゥーレーヌ公、モンフォール伯、イヴリー伯の称号も併せ持ち、トネール伯領も併せ持った。また、フランス元帥connétable de France)の地位に就いた。

リッチモンド伯は、ノルマン・コンクエスト以来ブルターニュ公にたびたび与えられてきたイングランドの爵位であるが、ジャン4世の死後はベッドフォード公ジョンに与えられていた。しかしブルターニュ公家ではその後も伯位を自称してアルチュールに与えたため、アルチュールはリッシュモン(リッチモンドのフランス語読み:リシュモン、或いはリシュモーンが発音に近いが、日本ではリッシュモンと慣用的に呼ぶ)と呼ばれた。リッシュモン元帥とされることが多い。

アルチュールは様々な称号を持つものの、その前半生においては実収をそれらの領地からはほとんど得ることができず、実兄のジャン5世の援助などに頼っていた。

概要[編集]

1410年から1414年の内乱ではアルマニャック派に属してブルゴーニュ派と対立した。1415年アジャンクールの戦いでは負傷してイングランド軍の捕虜となったが、1420年に解放され、トロワ条約を承認するよう兄のブルターニュ公ジャン5世を説得した。1422年にはイングランドからトゥレーヌ公に叙爵されたが、1424年に王太子の陣営に戻った。1425年に王軍司令官に任じられ、1429年パテーの戦いではジャンヌ・ダルクや甥のアランソン公ジャン2世と共に戦った。

ブルターニュ公になる以前からフランス宮廷において重要な存在であり、カリスマとなったジャンヌ・ダルクの支持者の一人であった。彼はその頑固さと癇癪で知られており、そのために1427年には宮廷から追放されているが、1433年に宮廷闘争の勝利により、シャルル7世の寵臣を追放して影響力を取り戻し、シャルル7世とブルゴーニュ公フィリップ善良公とのアラスの和約を取りまとめた中心人物の一人となった。この和約により、フランスとブルゴーニュは和平を結び、イングランドを敗北に導いた。1450年フォルミニーの戦いでフランス軍を率い勝利し、ノルマンディーを再征服した。

ブルターニュ公の一族であるため、単なる軍人としてではなく政治的な動きも多く、フランス、イングランド、ブルゴーニュの間で揺れたり、その仲を取り持ったりと複雑な動きをしている。またシャルル7世の宮廷においても、ヨランド・ダラゴン派として宮廷闘争に加わっている。しかし、決定的な戦闘における勝利と王軍の改革に貢献し、百年戦争をフランスの勝利に導いた。

誕生以前[編集]

フランス西北部のブルターニュの住民ブルトン人ケルト人と考えられている。サクソン人などのゲルマン人との混血が進んだイングランド人よりも純血性を保持していて、どちらかというとフランク族などのゲルマン諸族との混血が行われたフランスの他の地方よりも、海峡を隔てたグレートブリテン島の方が文化的にも近く、半独立状態を保っていた。 イングランド王家が隣のノルマンディーから出ていることもあり、英仏両国の複雑な事情から一概にフランスに帰属すべき地方だとは言い切れないのが当時の状況であった。歴代のブルターニュ公は半独立を貫こうとし、それは後に公位を継いだアルチュールも例外ではなかった。

1341年ジャン3世が正嫡なくして死ぬと、異母弟のジャン・ド・モンフォールと姪のジャンヌ・ド・パンティエーヴルの後継者争い(ブルターニュ継承戦争)が起こった。ジャン・ド・モンフォールの妻ジャンヌ・ド・フランドルは女傑であり、夫が捕虜になっても戦争を続けたため、2人のジャンヌの戦争とも呼ばれた。ジャンヌ・ド・パンティエーヴルとその夫シャルル・ド・ブロワにはクリッソン(オリヴィエ4世)が味方した。フランス王フィリップ6世がパンティエーヴルを「コンフランの決定」で支持していたが、イングランドの捕虜になったクリソンが解放後にパリの中央市場(レ・アール)で処刑されるなど足並みがそろわなかった。フランス国王シャルル5世もジャンヌ・ド・パンティエーヴルを認定したため、ジャン・ド・モンフォールをますます、イングランド方へ追いやることになった。しかし、父親が殺されたことで、モンフォール側(イングランド側)についていた、オリヴィエ・ド・クリッソンら、ブルターニュの有力貴族を味方につけた(パンティエーヴルの息子ジャンと、オリヴィエ5世の娘の婚姻など)ことでフランス王は、モンフォール家がブルターニュ公家を継ぐことを認めた。この一連の縁で、モンフォール家のジャン4世は幼馴染のクリッソン元帥と宿敵関係となりはじめた。

一方でイングランドから亡命してきていたヘンリー・(オブ)・ボリングブロク(後のヘンリー4世)は、ジャン4世の妻でナバラ王カルロス悪人王の娘であるジャンヌ・ド・ナヴァールを誘惑した。ヘンリー4世はイングランドに戻りリチャード2世から王位を簒奪すると、ジャン4世の死後にジャンヌ・ド・ナヴァールと結婚した。

生涯[編集]

幼年期から虜囚時代[編集]

アルチュール・ド・リッシュモンはブルターニュ継承戦争の勝者であるジャン・ド・モンフォールの息子ブルターニュ公ジャン4世の次男として生まれた。ケルト伝説のアーサー王と同じ名前を付けられたことは、後で災いを招くことになった。リッチモンド伯の称号は、幼少時に授けられた。兄に後のブルターニュ公ジャン5世、弟にジルとリシャール、他に3人の姉妹がいた。兄ジャン5世との仲は生涯良好であったようで、様々な援助を受けている一方、リッシュモンは兄の死後にその息子の後見も行い、しばしばブルターニュのために働いている。

母ジャンヌがイングランド王ヘンリー4世の妻として娘たちを連れてイングランドに行ってしまうと、兄弟は残された。ジャン4世はクリッソン元帥を兄弟の後継人に指名しており、騎士道精神を持つクリッソンは忠実に義務を果たした。クリッソンはフランス国王シャルル6世と相談して、兄弟たちがイングランドに連れて行かれないように手を打った。

兄弟はフランスで育てられ、長兄ジャン5世が無事に公位を継ぐ一方で、リッシュモンはパリでオルレアン公シャルルおよびブルゴーニュ公フィリップ2世(大胆公)の後見を受けてブルゴーニュへ迎えられた。ここで同世代である後のフィリップ善良公、そして後に妻となるマルグリットと共に育てられた。リッシュモンはこの時点でブルターニュ公の弟であり、クリッソン元帥とブルゴーニュ公の後見を受け、イングランド王の義理の息子であり、兄ジャン5世の妻がシャルル7世の妹ジャンヌであることからフランス王家とも縁続きであるという華麗な縁戚を持っており、それは後にさらに発展していくことになる。

リッシュモンは兄ジャン5世の援助の下、12歳で初陣を済ませると、いくつかの戦闘にも参加した。王弟オルレアン公ルイと、フィリップ大胆公を継いだ嫡子ジャン無怖公は、ブルゴーニュ公自体がフランス親王家であることから同族同士で反目していたが、これは英仏両王家のみならず、ブルターニュを巡るモンフォール家とパンティエーブル家の争いをも再燃させた。シャルル6世の叔父で後見人であるベリー公ジャン1世はリッシュモンの人物を買い、シャルル6世の嫡子である王太子ルイに近づけさせた。ベリー公はソワソン包囲戦の戦勲によりリッシュモンの騎士叙勲も行っている。

リッシュモンは当時の習慣である戦闘後の略奪を嫌っており、サン=ドニ攻撃において配下の兵に略奪を禁じたことが記されている。これは後の兵制改革にも通じる。

1413年に義父ヘンリー4世が没すると、後継者ヘンリー5世がイングランド兵を率いてフランス北部に上陸した。ヘンリー5世はフランス王位を要求し、さらに王の娘カトリーヌとの結婚を要求した。これに対して王家に忠誠を誓うフランスのアルマニャック派と呼ばれる貴族達は結集したが、ブルゴーニュ公は親イングランド的中立を維持し、息子フィリップ(後の善良公)が参戦することを禁止した。ブルターニュはフランスと同盟し、ブルターニュ公ジャン5世は8,000の兵を率いて戦場へ向かったが、これは間に合わなかった。

イングランドとフランスの両軍は史上名高いアジャンクールの戦いで衝突し、リッシュモンはフランス国王軍の一員として参加した。百年戦争の通例通り、野戦においては統率もなく騎士道精神の名の下に各人の功名と名誉心で突撃を行うフランス軍は、長弓部隊を中核とするイングランド常備軍に惨敗し、フランス貴族の多くは戦死するか捕虜となった。リッシュモンも怪我をした後に捕らえられ、母のいるイングランドへ連行された。

「アーサー(アルチュール)の名を持つブリトン(ブルターニュ)人がイングランドを征服する」という迷信をヘンリー5世は気にしており、兄の度重なる身代金支払いにもかかわらず、リッシュモンは釈放されなかった。イングランドにおいて、彼の母ジャンヌはすでに義理の息子であるヘンリー5世からは疎まれ、迫害されていて、彼の助けにはならなかっただけではなく人質にもなっていた。リッシュモンはたびたび宣誓の下での自由を得て、兄ジャン5世にイングランドとの同盟を促すための使者となったが、騎士道の習慣と母親が人質状態であることから、宣誓を破り完全な自由を得ることはなかった。虜囚は5年続き、宣誓状態での虜囚状態はヘンリー5世の死まで続いた。

元帥就任と勢力争い[編集]

ヘンリー5世の死後、幼いヘンリー6世が即位し、ヘンリー5世の弟である2人の叔父が後見人となった。その1人ベッドフォード公ジョンが些細なことからリッシュモンを侮辱したために、彼はイングランド陣営を去り、二度と戻らなかった。ヘンリー5世の死の時点でリッシュモンとヘンリー5世の間の宣誓が無効になったかどうかは意見が分かれるところであるが、ヘンリー5世が死に臨んで、あるいはベッドフォード公が独断で宣誓から解放した証拠はない。ただし、この事件はただでさえ長い間虜囚の目にあっていたリッシュモンを決定的に反イングランド的な立場に追いやった。以後、彼は反英親仏の立場を貫き、その影響を受けて兄ジャン5世も親仏的中立またはフランスとの同盟の立場に立った。

リッシュモンは虜囚時代後期の限定的な自由を得ている状態で、密かにサヴォイア公国およびブルターニュ公国とフランス王家及びブルゴーニュ公国との大同盟の策謀に加わっており、2人の兄の死により王太子となっていたシャルル(後のシャルル7世)の妃マリー・ダンジューの母であるアラゴン王女ヨランド・ダラゴンの信任を得ていた。ヨランドはシャルルに働きかけ、空位となっていた元帥の位に推した。リッシュモンは兄ジャン5世のアドバイスと支持を受けて、またジャン無怖公の支持をも取り付けた上で元帥位を受けた。

フランス元帥(connétable de France)は機能上は王国第2の位であり、戦時には一時的に国王の権限を上回る軍事的な指揮権を持ち、全軍の先鋒の司令官となる一方で、国王の入城の際には抜刀して先導する栄誉ある役職であった。リッシュモンは王国の資金でブリトン(ブルターニュ)人4,000人の部隊を編成する権利が与えられた。この部隊は最後まで彼の軍の中核となり、忠誠を誓い続けた。そしてこれが後の国王常備軍へ発展するための中核となった。

しかし、リッシュモンは元帥位に就きながら、その直言と頑固と思われるような信念の固さから、シャルル7世には疎まれており、またその取り巻きからは私腹を肥やす上で重大な障害と見なされた。シャルル7世の厭戦癖と取り巻きの公私混同により、リッシュモンは実質的な宰相として王国軍を運用維持していたが、周囲の妨害もあり、2度目にして生涯最後の戦闘での敗北もこの時期に喫している。リッシュモンは君側の奸を取り除くべくジアック卿を排斥した。ジアックを即決裁判で処刑すると、カミュ・ド・ボーリユが即座にその穴を埋めた。リッシュモンは今度はボーリユを処刑し、その際にラ・トレムイユと手を組んだ。シャルル7世は相次ぐ寵臣の処刑に対し、リッシュモンに不信感を隠せなかった。

リッシュモンはボーリユの後任の筆頭侍従にラ・トレムイユを推薦したが、ラ・トレムイユは政争においてリッシュモンの上を行っており、早速リッシュモンは宮廷から追放され、実質的な権限を停止させられてしまった。ラ・トレムイユはリッシュモンを利用してジアックら政敵を葬ると、今度は使い終えた道具であるそのリッシュモンをさらに処分することに成功したのである。リッシュモンは包囲されたモンタルジの救援を、ラ・イルデュノワ伯ジャンを率いて成功させたものの、1427年に追放された。シャルル7世の重用をよいことに、ラ・トレムイユは国王の軍資金を横領して私腹を肥やした。また、着服した軍資金で私兵を雇い、最大の政敵であるリッシュモンを追い払うことまでしており、両軍の兵はたびたび衝突している。

1428年の秋、史上に名高いオルレアンの攻防戦が始まった。リッシュモンはシャルル7世とその取り巻き以外からは声望は高く、オルレアン救援の要請が各方面から出されたが、シャルル7世からの命令で近づくことができなかった。しかし、1429年ジャンヌ・ダルクが認められてオルレアン救出に乗り出すと、戦況が一変した。1429年6月にはアランソン公ジャン2世をはじめとする軍勢が、ジャンヌ・ダルクに率いられてロワール川の掃討戦役を開始したため、リッシュモンの軍は合同の姿勢を見せた。シャルル7世とラ・トレムイユはジャンヌとアランソン公にリッシュモンの軍を追い払うように命令するが、ラ・イルなどの将軍はリッシュモンとの合同がイングランド軍との決戦には必要と支持した。ジャンヌ・ダルクはリッシュモンの指揮を受け入れ、パテーの戦いで大勝利を収めた。ラ・イルの奇襲が成功し、百年戦争の大規模野戦でフランス軍が勝利する嚆矢となった。このパテーの戦いが、ジャンヌとリッシュモンの最初で最後の共闘となった。

ジャンヌはリッシュモンを陣営に留めるべく努力を続けたが、シャルル7世やラ・トレムイユだけでなく、甥に当たるアランソン公やラ・トレムイユの従兄弟であるジル・ド・レイ、リッシュモンの従兄弟のデュノワ伯などとは折り合いが悪かった。信念を曲げぬ頑固さが対立を生んだのみならず、名声が一頭地を抜いているために嫉視されたのも原因であろう。すでに家柄と実力で、内外からフランスの第一人者として認められていたといってよい。

リッシュモンはランスでの戴冠式にも参加できず、他方面でイングランド軍の実質的な総帥ベッドフォード公と対決していた。王の義理の母であるヨランド・ダラゴンはリッシュモンの復権を狙っていたが、シャルル7世とラ・トレムイユの反発にあって実現しないどころか、ブルターニュをイングランド方に追いやりかねないような行動に出た。ベッドフォード公はリッシュモンとブルターニュ公ジャン5世にイングランド側へ寝返るべく工作に出たが、リッシュモンは反イングランド的立場を変えず実現しなかった。

1430年にジャンヌ・ダルクがブルゴーニュ軍に捕らえられ、イングランドに引き渡された。ラ・イルやジル・ド・レイなどのジャンヌ崇拝者は独自に救援を試みるが、シャルル7世とラ・トレムイユはジャンヌを見殺しにした。ジャンヌ・ダルクの登場によりフランスに国民意識が誕生していたために、シャルル7世とその取り巻きに対して反発が強まり、再度のリッシュモン復権の動きが現れた。リッシュモンとヨランド・ダラゴンはラ・トレムイユを捕らえて幽閉し、国王の侍従にはヨランドの息子で王妃の弟であるメーヌ伯シャルルが穴を埋めた。この政変により、リッシュモンは再び王国の総司令官の地位に名実共に返り咲いた。

兵制改革とフランス再統一[編集]

シャルル7世も、この頃からリッシュモンの私欲のなさを認め始めた。リッシュモンはデュノワ伯、ラ・イル、ザントライユといった武将を使い、イングランドに対して反対攻勢に出た。ただし、配下のブルターニュ兵はともかくとして、諸将は相変わらず傭兵隊長としての性質が強く、街道荒らし(ルティエ)と呼ばれる略奪を続けた。これはフランス民衆からの支持を失うだけでなく、時には中立化しているブルゴーニュ領内でも行い、大同盟も危うくする行動であった。特にラ・イルはたびたびブルゴーニュ領内で略奪を繰り返し、リッシュモンからたしなめられている。

リッシュモンは略奪でなく、国王の名の下による徴税によって常備軍を編成することを考えた。これはかつてシャルル5世の下で一部試みられていたことであった。またリッシュモンは砲兵の活用を積極的に推進した。これによってルーアンシェルブールなどの、かつては不落であったイングランドの諸拠点が次々に陥落することになる。またイングランドの長弓部隊にまさる射程をもつ砲兵は、間接的にイングランドの切り札を封じた。

1435年にはアラスで会談が行われた。このアラスの和議において、シャルル7世はリッシュモンの説得に渋々応じ、フィリップ善良公にその父・ジャン無怖公を暗殺したことを公式に陳謝して、ブルゴーニュの脱落とフランスとの同盟への道をつけた。

また、リッシュモンは対イングランド戦争および対ブルゴーニュ公国外交と同時に、国内に大混乱を引き起こす元凶であった傭兵部隊の略奪対策を強力に推進した。略奪を行っている傭兵部隊は次々に駆逐されるか、報酬と引き換えに故郷へ返された。一方で、それまでの不安定な封建貴族の私兵の寄せ集めや傭兵隊長の雇用による王国軍を常備制へと変換させる兵制改革を進めた。この財源として、リッシュモンは貴族にも税をかけた。これは大きな反発を呼んだが、結果として王権の相対的上昇をもたらし、絶対王政を成立させる大きな要因となった。

1449年にはルーアンが陥落し、ノルマンディーの大半が奪還された。イングランド王家にとって故地の喪失は許されることでなく、イングランドは大軍を編成して再上陸した。それに対してフランス軍は、1450年フォルミニーの戦いにおいて大勝利を収めた。フランス軍はリッシュモンの将であるクレルモンの独断開戦で各個撃破の窮地に陥りそうになったが、リッシュモンは主力を率いて直ちに救援に向かい、反撃に出て勝利を収めた。これにより要港シェルブールへの道が開け、砲兵の機動的活用により陥落させた。リッシュモンがフランス北部を警戒しているために、イングランドはボルドー方面から反撃を試みたが、イングランドはカスティヨンの戦いで止めを刺された。

1456年には王都パリがようやく国王を受け入れ、ほぼ全土がフランス王の主権の下に回復された。

ブルターニュ公時代[編集]

リッシュモンはシャルル7世と王太子ルイ(後のルイ11世)の確執に際しては、常に国王側に立った。

兄ジャン5世が1442年に死去すると、その息子フランソワ1世を後見した。フランソワ1世が1450年に死去すると(フランソワ1世は娘マルグリットとマリーをもうけたのみで男子がなかった)、遺言により末弟ピエール2世が後を継ぎ、ピエール2世に男子がない場合はピエール2世の女子よりもリッシュモンの継承順位が上にくることになった。ピエール2世は1457年は実子のないまま死去したため、リッシュモンはブルターニュ公位を継ぎ、ブルターニュ公アルチュール3世となった。

リッシュモンは元帥位を名誉に思い、返上せずに名乗り続けた。しかしながらブルターニュ公領の半独立は貫き続けた。彼はブルターニュの外に持っていた所領に関しては絶対服従を誓ったが、ブルターニュ公領については名目的な服従を示す単純服従のみであった。これがリッシュモンのフランスにおける評価を微妙にさせている最大の原因の一つである。

リッシュモンは1458年に健康を害し、そのまま死去した。甥のフランソワ2世、次いでその娘アンヌが後を継いだが、アンヌはシャルル8世に結婚を強要され、その死後にはルイ12世と再婚し、その結果ブルターニュはフランス王家が相続し、王領へ併合された。王権の優越をリッシュモン元帥が確立した時点で、半独立領であるブルターニュ公領やブルゴーニュ公領がフランスに併合される道筋がつけられてしまったといえる。

評価[編集]

アルチュール・ド・リッシュモンはジャンヌ・ダルクの鮮烈な印象と、フランス国王への貢献とは別にブルトン人であることをも貫いたために、あまり重要視されないこともあるが、実質的に百年戦争をフランス勝利で終わらせた大将軍にして大政治家である。フランスの頽勢を一気に挽回したジャンヌ・ダルクの価値を下げるものではないが、実質的な勝者としての貢献はシャルル7世やその武将達、そして短期間の限定的な活躍に終わったジャンヌ・ダルクとは比べ物にならないといってよい。

また、ブルターニュ公国とブルゴーニュ公国フランス王国への併合の道筋を作り、封建諸侯と傭兵の軍から中央集権の国王常備軍への兵制改革と砲兵の活用を行い、フランスがヨーロッパの覇者へと向かう遠因をもたらしたといっても過言ではない。

家族[編集]

リッシュモンは3度結婚しているが、嫡子はいなかった。庶子にジャクリーヌという名の娘がおり、1443年に嫡出子に改めている。

関連項目[編集]

先代:
ピエール2世
ブルターニュ
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
1457年 - 1458年
次代:
フランソワ2世