バール=シュル=オーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bar-sur-Aube
Blason Bar-sur-Aube.png
Mairie Bar s Aube.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏Champagne Ardenne flag.svg
(département) オーブ県Blason département fr Aube.svg
(arrondissement) バール=シュル=オーブ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 10033
郵便番号 10200
市長任期 ルネ・ゴード
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la Région de Bar-sur-Aube
人口動態
人口 5 461人
2007年
人口密度 人/km²
住民の呼称 Baralbins
地理
座標 北緯48度16分00秒 東経4度43分00秒 / 北緯48.2666666667度 東経4.7166666667度 / 48.2666666667; 4.7166666667座標: 北緯48度16分00秒 東経4度43分00秒 / 北緯48.2666666667度 東経4.7166666667度 / 48.2666666667; 4.7166666667
標高 平均:m
最低:156m
最高:348m
面積 16.27km² (1 627ha)
Bar-sur-Aubeの位置(フランス内)
Bar-sur-Aube
Bar-sur-Aube
公式サイト barsuraube.org
テンプレートを表示

バール=シュル=オルブBar-sur-Aube)は、フランスシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏オーブ県コミューン

地理[編集]

シャンパーニュ地方にあるバール=シュル=オルブは、丘と丘の間にある。コミューン内を横断するオーブ川が地名の由来である。地層はシャンパーニュ特有の石灰岩層である。

歴史[編集]

コミューン内を流れるオーブ川

バール=シュル=オルブの存在は古代からあった。ラ・テーヌ文化時代のオッピドゥムの痕跡がある。都市はアッティラ率いるフン族来襲で荒らされた。クロヴィス1世が国土を子供たちに分割すると、バール=シュル=オルブはアウストラシアの一部となった。

シャンパーニュ伯時代に、バールは重要性を持つようになった。2月半ばから4月半ばまでのシャンパーニュの大市のために、オリエントの香辛料、絹、織物、北ヨーロッパから運ばれた資源を持ってフランドル商人やイタリア商人がやってきた。後、シャンパーニュ伯領はフランス王国に組み込まれた。1318年、フィリップ5世はジャック・ド・クロワにバールを売りつけようとしたが、住民自らが町を買い上げ王が売ったり処分できないようにした。神聖ローマ皇帝カール5世サン=ディジエを包囲した際、周辺コミューンの住民たちは影から抵抗運動を行った。バールは1636年の長期間黒死病流行に苦しみ、市が閉鎖される原因となった。1862年、町を覆っていた城壁が取り壊され、城壁跡に町を取り巻く大通りが生まれた。

フランス革命が受け入れられると、修道院が姿を消した。フランス第一帝政末期1814年2月には、バール=シュル=オーブの戦いの戦場となった。

経済[編集]

アサ織物産業、金属加工などが行われている。農業では、アサ栽培や、シャンパンの原料となるブドウが栽培されている。

姉妹都市[編集]

出身者[編集]