フージェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fougères
Blason fougères fr.svg

Fougères.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) イル=エ=ヴィレーヌ県
(arrondissement) フージェール=ヴィトレ郡
小郡 (canton) 2小郡庁所在地
INSEEコード 35115
郵便番号 35300
市長任期 ルイ・フュヴリエ(PS
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Fougères communauté
人口動態
人口 19 775人
2011年
人口密度 1 889人/km²
住民の呼称 Fougerais
地理
座標 北緯48度21分09秒 西経1度11分55秒 / 北緯48.3525度 西経1.198611度 / 48.3525; -1.198611座標: 北緯48度21分09秒 西経1度11分55秒 / 北緯48.3525度 西経1.198611度 / 48.3525; -1.198611
標高 平均:? m
最低:62 m
最高:171 m
面積 10,47km² (5 039ha)
Fougèresの位置
Fougères
公式サイト www.fougeres.fr
テンプレートを表示

フージェールFougèresブルトン語: Felgerガロ語:Foujerr)は、フランスブルターニュ地域圏イル=エ=ヴィレーヌ県コミューンメーヌノルマンディーに近接する。フランス歴史と芸術のまちに登録されている。日本語の文献では、フジェールとの表記もされる。

史跡[編集]

フージェール城

フージェール最大の記念物は、花崗岩の岩棚上に建つ中世の要塞である。これはフランスの侵略に対するブルターニュ公国の防御システムであり、ヴィトレの要塞を含んで3箇所あった。

フージェールは、ブルターニュに3箇所ある鐘楼の1つがある。鐘楼の位置は、週末開かれる市場の中心となっている。1397年に建てられた鐘楼は、地元商人たちによって集められた基金でつくられた。かつては教会の保存は貴族に許されていたが、この鐘楼は庶民が建設を許されたということを意味していた。

相当な大きさの城壁は、下町にある城から伸びて上町周辺の丘の上に至る。下町の市民は防衛設備の外におり、トラブルが起きたときには要塞の中へ避難しなければならなかった。

経済[編集]

かつては重要な靴製造工場があったが、現在はほとんど絶えた。またガラス製造も行われていた。

中世、塩に重税が課せられ、ブルターニュからフランス全土へ輸出されていた。フージェールは塩の密輸業者のための砦にされた。他地域へ売るため持ち込まれた塩を持って、彼らは城壁沿いに這って進んだ。この興味深い事実を記念し、現代のフージェールの公立庭園がつくられた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
24279 26045 26610 24362 22239 21779 20941 19775

参照元:1999年までEHESS[1]、2000年以降INSEE[2][3]

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]