ジャン・ド・モンフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ6世に面会するジャン・ド・モンフォール

ジャン・ド・モンフォール (Jean (II) de Montfort[1]1294年頃 - 1345年9月26日)は、ブルターニュ公国の貴族。ブルターニュアルテュール2世と2度目の妃ヨランドの間に生まれた。母からモンフォール=ラモーリー伯爵位を継承した。

1341年、異母兄であるジャン3世が男子をもうけないまま死去した。後継に名乗りをあげたのは異母弟であるジャン・ド・モンフォール、そしてジャン3世の同母弟の娘ジャンヌ・ド・パンティエーヴルとその夫シャルル・ド・ブロワであった。シャルル・ド・ブロワはフランス王フィリップ6世の甥であり、王はもちろん甥を支持し、シャルルもフィリップ6世に臣従の誓いをしていた。

2派に分かれて争う戦争は、ブルターニュ継承戦争と呼ばれ20年続いた。この衝突はまた、「2人のジャンヌの戦争」(guerre des deux Jeanne)とも呼ばれていた。ジャンヌ・ド・パンティエーヴルと、ジャン・ド・モンフォールの妻ジャンヌ・ド・フランドルの対立が表面化したからである。

リモージュに隠されていたジャン3世の宝物を首尾よく手中にしたジャン・ド・モンフォールは、支持者とともにナントを押さえ、1341年には少数のブルターニュ貴族たちから「公爵」であると認識されていた。公爵家の金庫を開け、彼はレンヌブレストオーレーカンペールサン=ブリユーディナンヴァンヌを攻略するために傭兵たちを雇った。シャルル・ド・ブロワはその後、1341年9月にコンフラン(現在のコンフラン=サントノリーヌ)での貴族裁判採決前に、王にモンフォールの召喚を訴えた。コンフランの決定で、ブルターニュ公は理論上はシャルル・ド・ブロワということになった。フィリップ6世は、リモージュ子爵領、フランス領内にあったモンフォール=ラモリー伯領を没収した。

1341年10月、シャルル・ド・ブロワとノルマンディー公ジャン2世(のちのフランス王ジャン2世)は軍を集結させブルターニュへ侵攻した。その後、3週間におよぶ包囲戦の末彼らは1341年11月21日のナントを含む多数のを落とした。ジャン・ド・モンフォールは身柄を拘束され、パリルーヴル宮殿の獄につながれた。彼が不在の間、妻のジャンヌ・ド・フランドルが指揮をとって戦いを続行した。

1343年1月、ローマ教皇クレメンス6世を通じての休戦条約が平和をもたらし、ジャン・ド・モンフォールは自由になった。これは釈放ではなく、1345年3月に彼は逃亡したのである。イングランド王エドワード3世が提供した増強部隊と戦うこととなり、カンペールの包囲戦のさなか病を得、エンヌボンにて1345年9月に死んだ。

子女[編集]

1329年、シャルトルにてジャンヌ・ド・フランドル(フランドル伯ルイ1世の子)と結婚。2子をもうけた。

  • ジャン4世(1339年 - 1399年)
  • ジャンヌ(1341年 - 1402年) - ドライトンのラルフ・バセットの妻

脚注[編集]

  1. ^ 一部の歴史家は彼をジャン4世の名で呼ぶ。
先代:
ジャン3世
ブルターニュ公
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
ジャンヌ・ド・パンティエーヴルシャルル・ド・ブロワと競合
1341年 - 1345年
次代:
ジャン4世