アンドレ・ド・ラヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ・ド・ラヴァル

アンドレ・ド・ラヴァル=モンモランシーAndré de Laval-Montmorency, 1408年 - 1485年)は、百年戦争期にフランスの司令官を務めた軍人。モンジャン、ロエアック、レの領主。ギー13世・ド・ラヴァルアンヌ・ド・ラヴァルの息子で、兄弟にギー14世・ド・ラヴァルがいる。母方の祖母はベルトラン・デュ・ゲクランと結婚していたジャンヌ・ド・ラヴァル。

略歴[編集]

百年戦争中の1423年、アンドレはイングランド軍に対抗していたフランス王国軍を助けていたが、1428年にラヴァル家が降伏すると初代シュルーズベリー伯ジョン・タルボットの手により捕虜となった。2万4千エキュの身代金を支払って解放された後、彼は兄弟のギージャンヌ・ダルクと共にオルレアン攻囲戦パテーの戦い、そしてシャルル7世の戴冠式に参加した。1437年にフランス王国海軍提督の称号を得て、1439年にフランス王国軍司令官になった。

ジル・ド・レの娘マリー・ド・レと結婚し、レの領主権を得る。

アンドレは1456年の王太子ルイの反乱の時もシャルル7世に忠実に仕え、後にルイがルイ11世として即位した際に司令官職を解雇された。しかし公益同盟戦争の後、アンドレは司令官職を回復し、王もまた彼を許してパリの政府の上級代理人およびピカルディの知事職を与えた。後嗣無しに死去した。