ジャン・ド・デュノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ド・デュノワ
Jean de Dunois
デュノワ伯爵
Jean de Dunois.jpg
称号 フランス大侍従
ヴァルボネの領主
クレーの領主
ロングヴィル伯
出生 1402年11月23日
死去 1468年11月24日
配偶者 マリー・ルヴェ
  マリー・ダルクール
子女 フランソワ・ド・デュノワ
カトリーヌ・ド・デュノワ
父親 ルイ・ド・ヴァロワ
母親 マルグリット・ダンギャン
テンプレートを表示

ジャン・ド・デュノワJean de Dunois, 1402年11月23日1468年11月24日)はフランス王国の王族オルレアン公ルイ・ド・ヴァロワと愛人マルグリット・ダンギャンの息子。異母兄にオルレアン公シャルル・ド・ヴァロワフランス王ルイ12世の父)がいる。デュノワ伯。ロングヴィル伯、パルトネの領主である。また、彼は庶子であったため、侮蔑的な意味は含まれていないが、しばしば「オルレアンの私生児」(バタール・ドルレアン bâtard d'Orléans)と呼ばれる。オルレアン=ロングヴィル家の始祖。

略歴[編集]

1407年に父ルイが暗殺され、異母兄シャルル1415年アザンクールの戦いで捕虜となった。

シャルル6世の治世、デュノワ伯はフランスの内乱にアルマニャック派として参加し、1418年ブルゴーニュ派に捕えられた。その後、1420年に解放されたデュノワ伯は王太子シャルル(フランス王シャルル7世)に仕えた。

百年戦争ではオルレアン攻略の総司令官となり、ジャンヌ・ダルクと共にオルレアンの包囲を取り除いた。デュノワ伯はこの戦い以降ジャンヌと行動を共にし、彼女が死ぬまでその許で戦い続けた。

また、百年戦争終結後にかつての戦友アランソン公ジャン2世を逮捕している(罪状は不明)。

シャルル7世の死後、彼の後継者に不満を抱いたデュノワ伯は、1465年に公益同盟(リーグ・デュ・ビアン・ピュブリーク)に参加した。

爵位・称号[編集]

  • フランス大侍従(1403年 - 1468年)(1歳から)
  • ヴァルボネの領主(1421年 - )
  • クレーの領主
  • デュノワ伯(1439年 - 1468年)
  • ロングヴィル伯(1443年 - 1468年)

結婚[編集]

1422年4月にブルジュで、マリー・ルヴェ(1426年死去)と結婚。子供はいない。

1439年10月26日、マリー・ダルクール(1464年死去)と2度目の結婚。彼女はパルトネの領主権を持っていた。2人の子供をもうけた。

  • フランソワ - デュノワ伯、タンカルヴィル伯、ロングヴィル伯、モンゴメリ伯、ムーラン副伯、などなど。
  • カトリーヌ - ルシー伯ジャン7世(ヨハン・フォン・ザールブリュッケン)と結婚した。