ジャン2世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルボン公ジャン2世

ジャン2世(Jean II, 1426年 - 1488年4月1日)は、ブルボン公およびオーヴェルニュ公(1456年 - 1488年)。ブルボン公シャルル1世の長男。母はブルゴーニュ公ジャン(無畏公)の娘アニェス

1447年フランスシャルル7世の娘ジャンヌ1435年 - 1482年)と結婚したが、子供をもうけないまま死別した。

1484年ヌムール公ジャック・ダルマニャックの娘カトリーヌと結婚したが、1487年に1男ジャンを出産後間もなく、母子ともに死去した。

1487年にブルボン家傍系のヴァンドーム伯ジャン8世(フランス王アンリ4世の父方の高祖父)の娘ジャンヌ1465年 - 1511年)と結婚し、1488年に1男ルイをもうけたが、同年にルイもジャン2世本人も死去した。

嗣子を残さなかったため、シャルル2世、次いでピエール2世と弟2人が継承者となった。

先代:
シャルル1世
ブルボン公
1456年 - 1488年
次代:
シャルル2世