ジョーン・オブ・ケント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーン・オブ・ケント

ジョーン・オブ・ケント英語: Joan of Kent, 1328年9月29日 - 1385年8月7日)は、イングランドエドワード黒太子の妃で最初のプリンセス・オブ・ウェールズ。フェア・メイド・オブ・ケント(The Fair Maid of Kent)と呼ばれた。エドワード2世の異母弟である初代ケント伯エドマンド・オブ・ウッドストックと妻マーガレット・ウェイクの娘。3度結婚しており、エドワード黒太子は最後の夫である。

1340年にトマス・ホランド(1314年頃 - 1360年)と最初の結婚をしたが、この結婚は秘密結婚であり、間もなく家族によって第2代ソールズベリー伯ウィリアム・モンタキュート(1328年 - 1397年)と結婚させられている。のち、1349年にローマ教皇クレメンス6世により、ジョーンはソールズベリー伯との結婚の無効、およびトマス・ホランドの結婚の有効が認められた。1352年にジョーンの弟である第3代ケント伯ジョン(1330年 - 1352年)の死によりジョーンは夫トマス・ホランドとともにケント伯を継承した。2人の間に生まれた子供は4人が知られている。

1360年にトマス・ホランドと死別した後、翌1361年にエドワード黒太子と再婚した。ジョーンは黒太子の父エドワード3世の従妹に当たる。黒太子との間には2男をもうけた。

  • エドワード・オブ・アングレーム(1365年 - 1372年)
  • リチャード2世(1367年 - 1400年) イングランド王

参考文献[編集]

全て英語文献。
  • Tait, James (1892). “Joan”. Dictionary of National Biography 29: 392–393. 
  • The Times Kings & Queens of The British Isles, by Thomas Cussans (page 92) ISBN 0-0071-4195-5
  • Wentersdorf, Karl P (1979). “The clandestine marriages of the Fair Maid of Kent”. Journal of Medieval History 5: 203–231. doi:10.1016/0304-4181(79)90037-X.