オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ
オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ

オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ(Augusta of Saxe-Gotha, 1719年11月30日 - 1772年2月8日)は、イギリスジョージ2世の長男フレデリック・ルイス王太子の妃(プリンセス・オブ・ウェールズ)、ジョージ3世の母。ドイツ名はアウグスタ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク(Augusta von Sachsen-Gotha-Altenburg)。父はザクセン=ゴータ=アルテンブルクフリードリヒ2世[1] 、母はアンハルト=ツェルプスト侯カール・ヴィルヘルムの娘マグダレーナ・アウグスタ

1736年4月17日、オーガスタは16歳で英語もわからぬまま、セント・ジェームズ宮殿で結婚した。12歳年上のフレデリック・ルイスとの結婚生活は幸せなものだった。夫妻はハンプトン・コート宮殿に住んだ(王太子が自分の両親と不仲であった為である)。しかし、長女オーガスタ・シャーロット出産の際、陣痛が始まってからオーガスタはセント・ジェームズ宮殿へ移されて出産した。夫の影響もあり、ジョージ2世やキャロライン王妃とは不仲だった。

1751年に夫が亡くなると、王位継承者の母であるオーガスタの発言権が強まり、政治に関わろうとする姿勢が露わになった。彼女はジョージ王子の専属教官であったビュート伯と意見を同じにするようになり、2人は恋仲なのではないかという噂まで出た。さらに、ジョージ王子もいないのにビュート伯が王太子妃と会っていたと中傷された。1760年のジョージ3世即位後も、オーガスタの増長は国民の非難の的だった。

1772年、52歳で喉頭癌により死去したが、葬儀に野次馬が大勢集まり、棺が墓地に運ばれる際にもオーガスタを侮辱する声が叫ばれたという。

夫フレデリック・ルイスとの間に5男4女をもうけた。

[編集]

  1. ^ ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ2世は、オーガスタの曾孫ヴィクトリア女王の王配ザクセン=コーブルク=ゴータ家出身のアルバート公の先祖でもある。ただし母方の先祖であり、オーガスタの兄フリードリヒ3世がアルバートの母ルイーゼの曽祖父という関係である。

関連項目[編集]