フリーデリケ・シャルロッテ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーク公爵夫人フレデリカ

フリーデリケ・シャルロッテ・フォン・プロイセンFriederike Charlotte Ulrike Katharina von Preußen, 1767年3月7日 - 1820年8月6日)は、イギリス王族であるヨーク・オールバニ公フレデリックの妃。英語フレデリカ・シャーロット(Frederica Charlotte of Prussia)。

のちのプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世と、最初の妃エリーザベト・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルの一人娘として、シャルロッテンブルクで生まれた。わずか2歳の時に母の不貞が原因で両親が離婚し、母はシュテッティンに幽閉されたため、父の元で育てられた。

1791年、ヨーク・オールバニ公フレデリックと結婚した。ロンドン市民に好意的に迎えられるが結婚生活は不幸で、2人はほどなく別居した。フリーデリケ・シャルロッテは子供のないまま、サリー州で没した。