ヴィクトリア・ルイーゼ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラウンシュヴァイク公爵夫人ヴィクトリア・ルイーゼ

ヴィクトリア・ルイーゼ・フォン・プロイセンViktoria Luise Adelheid Mathilde Charlotte Herzogin zu Braunschweig-Lüneburg, Prinzessin von Preußen, 1892年9月13日 - 1980年12月11日)は、ハノーファー王家家長でブラウンシュヴァイク公であるエルンスト・アウグストの妃。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世と皇后アウグステ・ヴィクトリアの末子で、唯一の娘としてポツダム近郊の大理石宮殿で生まれた。

1913年5月14日、ベルリンでエルンスト・アウグストと結婚した。この結婚式は、第一次世界大戦前に各国の王侯貴族が最後に一堂に会した、非常に華やかなものだったという。一人娘を手放さなければならない母アウグステ・ヴィクトリアは、前夜寂しさにむせび泣いたと伝えられる。

ホーエンツォレルン家の皇女がハノーファー家に嫁いだことで、1866年普墺戦争以来の両家の対立が解消したとされた(オーストリア方に就いて敗れたハノーファー王国プロイセン王国に併合され、エルンスト・アウグストの祖父ゲオルク5世は廃位されていた)。因みに、父のヴィルヘルム2世はイギリスのヴィクトリア女王の孫である。従ってこの結婚は同時に、ヴィクトリア女王以後は分かれていたイギリス王家とドイツのハノーファー王家とを新たに結びつけるものでもあった。夫妻は5子をもうけた。

ヴィクトリア・ルイーゼはヴィルヘルム2世の子供のうちで最も長生きし、1980年にハノーファーで没した。

子女[編集]