キャロライン・マティルダ・オブ・ウェールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマーク王妃キャロライン・マティルダ
キャロライン・マティルダと姉のルイーザ・アン

キャロライン・マティルダ(Caroline Matilda of Wales, 1751年7月11日 - 1775年5月10日)は、デンマーク=ノルウェーの王クリスチャン7世の妃。イギリス王及びハノーファー選帝侯ジョージ2世の長男フレデリック・ルイス王太子の末娘で、ジョージ3世の妹。デンマーク語名はカロリーネ・マティルデ・ア・ストアブリタニエンCaroline Mathilde af Storbritannien)。

幼少期[編集]

キャロライン・マティルダはフレデリック・ルイスと妃オーガスタの末子であった。フレデリック・ルイスは王太子、プリンス・オブ・ウェールズであったが、1751年3月31日に王位を継承することなく死去した。キャロライン・マティルダが生まれたのはその100日ほど後である。プリンス・オブ・ウェールズの娘であることからキャロライン・マティルダ・オブ・ウェールズ(Caroline Matilda of Wales)と呼ばれることになったが、この時プリンス・オブ・ウェールズの称号はすでに兄ジョージが受け継いでいた。

デンマーク王妃として[編集]

1766年、デンマークノルウェーの王に即位して間もないクリスチャン7世と15歳で結婚した。クリスチャン7世の母はジョージ2世の末娘ルイーズであり、カロリーネ・マティルデとは従兄妹であった。精神的な障害のあったクリスチャン7世との結婚生活はうまくゆかなかった。王は、カロリーネ・マティルデを愛せないと公けに宣言さえして無視し、彼女は孤独な生活を送った。

クリスチャン7世は次第にドイツ人の侍医ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセの言いなりになっていったが、野心家のストルーエンセは王妃の取り込みも図った。カロリーネ・マティルデはストルーエンセを最初は嫌っていたと言われるが、すぐに愛人関係になった。1770年1月にはすでに2人の関係は公然の秘密となっていた。

カロリーネ・マティルデは2人の子をもうけた。フレデリク6世ルイーセ・アウグスタであるが、ルイーセ・アウグスタはストルーエンセとの子ではないかと信じられている。

追放[編集]

1772年にクーデターが起こり、ストルーエンセは逮捕されるが、カロリーネ・マティルデもクロンボー城に囚人として監禁された。王妃はストルーエンセをかばったが、ストルーエンセは処刑された。兄のジョージ3世の仲裁により、王妃は釈放されたが、英国王家であるハノーヴァー家はカロリーネ・マティルデの帰国を許さず、王妃はハノーファー選帝侯領ツェレ城に追放された。その地で旧臣らと穏やかに暮らすこととなった。しかし1774年に息子のフレデリク6世が即位。自身とストルーエンセらを排除した勢力が一掃されると、デンマーク帰国へ向けてジョージ3世に仲裁を依頼するなどしていたが、願いが叶う間もなく1775年に猩紅熱により病死した。

関連項目[編集]