ロベール2世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベール2世Robert II, 1248年 - 1306年3月21日)は、ブルゴーニュ公(在位:1271年 - 1306年)。ユーグ4世とその妃であったドルー伯ロベール3世の娘ヨランド・ド・ドルーの三男。

ユーグ4世よりも先に2人の兄が没していたため、1271年に父の死去により公位を嗣いだ。

1279年フランスルイ9世の末娘アニェスと結婚し、4男4女をもうけた。息子たちへ領土を分配し、娘に対しても結婚持参金として与えたため、ブルゴーニュ公の領地は減少した。

ロベール2世はロベール1世の命日である3月21日に死去した。公位は長男のユーグ5世が嗣いだ。

先代:
ユーグ4世
ブルゴーニュ公
1271年 - 1306年
次代:
ユーグ5世