ブランカ1世 (ナバラ女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブランカ1世(Blanca I, 1387年7月6日 - 1441年4月1日)はナバラ王国女王(在位:1425年 - 1441年)。カルロス3世(シャルル3世、エヴルー伯)とカスティーリャエンリケ2世の娘レオノールの長女。フランス名ブランシュ(Blanche)。

はじめシチリアマルティーノ1世アラゴン王マルティン1世の子)と、1402年に11歳で結婚した。2人の間に生まれたマルティーノ(1403年 - 1407年)が夭逝した後、マルティーノ1世も1409年に死去した。シチリア王位はマルティン1世がマルティーノ2世として継承した。

10年後の1419年、アラゴン王フェルナンド1世の次男フアンと再婚した。フェルナンド1世はマルティン1世の甥で先夫の従弟であり、またブランシュの母方の従兄であった。1425年に父カルロス3世が死去した際、男子がいずれも夭逝していたため、長女であるブランシュがナバラ王位を継承し、夫フアンもナバラ王となった。

2人は1男3女をもうけた。

1441年にブランカが死去した後、夫フアンが単独のナバラ王となった。フアンは1458年に兄アルフォンソ5世の王位も継承してアラゴン王フアン2世となった。