ジャックリーの乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャックリーの乱
Jacquerie
Jacquerie meaux.jpg

戦争百年戦争中のフランスで起こった大規模な農民反乱
年月日1358年
場所:フランス
結果:フランス軍の勝利
交戦勢力
フランス軍 農民反乱軍
指揮官
シャルル5世 ギヨーム・カルル

ジャックリーの乱 (Jacquerie) は、1358年百年戦争中のフランスで起こった大規模な農民反乱。反乱の名前は当時の農民を貴族が指すときの蔑称ジャック(Jacques)に由来するとされ,それは当時の農民が短い胴衣jaques を着ていたことに由来する[1].当時の年代記作者によって、当初、指導者名がジャック・ボノムと誤って伝えられたことに由来するという異説もある。

1358年5月末にサン=ルー=デスラン村 (Saint-Leu-d'Esserent) の事件をきっかけとして始まり、ピカルディノルマンディーシャンパーニュなどフランス北東部で広範に発生した。叛乱した農民たちはそれぞれに指導者を選んで破壊や略奪行為に及んだが、その全体を統率したのがギヨーム・カルル (Guillaume Carle/姓はカール Kale、カイエ Caillet、カレ Callet ともいわれる) であった。

カルルは、パリで叛乱を起こしたエティエンヌ・マルセルとの共闘を目指したが、カルル自身は6月10日にナバラ王シャルル (Charles le Mauvais) に敗れ、処刑された。カルルの処刑のあと、反乱は急速に鎮静化に向かった。

この反乱の原因は、農民の窮状とそこから発した領主への不満に求められることが多いが、参加したのが農民だけでなかった点などから、単なる農民反乱の一種と見るべきではないといった指摘も出されている[要出典]

領主による農民を保護する機能の低下が反乱の底流として指摘できよう。すなわちこの乱は農民の自己の共同体慣行と文化、日常的生存を守ろうとする自衛の蜂起であり、領主権力の衰退と農村共同体の自立(成長)の反映と見ることができる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 平凡社大百科事典 1998年版
  2. ^ 平凡社大百科事典 1998年版

関連項目[編集]

関連作品[編集]

  • 『赤目のジャック』(文庫化に当たって改題。旧題『赤目-ジャックリーの乱』)佐藤賢一