レオノール・デ・アウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオノール・デ・アウストリア

レオノール・デ・アウストリアスペイン語名:Leonor de Austria, 1498年11月15日 - 1558年2月25日)は、ハプスブルク家フィリップ美公カスティーリャ女王フアナの長女。ポルトガルマヌエル1世の王妃、後にフランスフランソワ1世の王妃となった。フランス語名はエレオノール・ドートリッシュ(Éléonore d'Autriche)またはエレオノール・ド・アブスブール(Éléonore de Habsbourg)。名前は他にもドイツ語名でエレオノーレ(Eleonore)などとも呼ばれる。

生涯[編集]

フランドルルーヴェンでフィリップとフアナの第1子として生まれる。弟に神聖ローマ皇帝カール5世(兼スペイン王)、フェルディナント1世(兼ボヘミア王・ハンガリー王)、妹にイサベルデンマーククリスチャン2世の妃)、マリア(ハンガリー王・ボヘミア王ラヨシュ2世の妃)、カタリナ(マヌエル1世の息子ジョアン3世の妃)がいる。

若い頃にはイングランドヘンリー7世ヘンリー8世)、フランス(ルイ12世やフランソワ1世)、ポーランドジグムント1世)など、数々の王家から結婚の申し入れがあったが、1518年にポルトガル王マヌエル1世の3番目の王妃となった。マヌエル1世の2人の先妻イサベルマリアは、いずれもレオノールの母フアナ女王の姉妹であった。マヌエル1世とレオノールとの間には王子カルロス(夭逝)、王女マリアの2子が生まれたが、マヌエル1世は1521年に死去した。

その後しばらくは未亡人として暮らしていたが、1530年に弟カール5世と敵対していたフランス王フランソワ1世と再婚した。2人の間に子供は生まれず、またフランス宮廷において政治に関わることはほとんどなかったが、カール5世とフランソワ1世との間の橋渡し役になった。

1558年に死去したが、同じ年に弟カール5世、妹マリアも死去している。