アデル・ド・サヴォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アデル・ド・サヴォワ

アデル・ド・サヴォワ(Adèle de Savoie, 1092年 - 1154年11月18日)は、フランスルイ6世の2番目の王妃。アデル・ド・モーリエンヌ(Adèle de Maurienne)とも呼ばれ、名前はまたアデライード(Adélaïde)、アリックス(Alix)とも呼ばれる。父はサヴォイア伯ウンベルト2世、母はブルゴーニュ伯ギヨーム1世の娘ジゼルで、ローマ教皇カリストゥス2世の姪に当たる。1154年、死去。パリのサン=ピエール・ド・モンマルトル教会Église Saint-Pierre de Montmartre)に埋葬された。

1115年にルイ6世と結婚し、7男2女をもうけた。

  • フィリップ(1116年 - 1131年) 父王在位中に共同王位についた(1129年 - 1131年)。
  • ルイ7世(1120年 - 1180年)
  • アンリ(1121年 - 1175年) ランス大司教
  • ユーグ(1122年頃)
  • ロベール(1123年頃 - 1188年) ドルー伯。ドルー家の祖。
  • コンスタンス(1124年頃 - 1176年) ブローニュ伯ウスタシュ4世と結婚、のちトゥールーズ伯レーモン5世と結婚
  • フィリップ(1125年 - 1161年) パリ司教
  • ピエール(1125年頃 - 1183年) クルトネー領主。クルトネー家の祖。
  • 女子(夭逝)