ジャンヌ1世 (オーヴェルニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーヴェルニュ女伯ジャンヌ

ジャンヌ・ドーヴェルニュ(Jeanne d'Auvergne, 1326年5月8日 - 1360年9月29日)は、フランスジャン2世の2度目の妃。オーヴェルニュ伯及びブローニュギヨーム12世エヴルー伯ルイ(フランス王フィリップ4世の異母弟)の娘マルグリット・デヴルーの間の一人娘で、父の死により女子相続人となった。

1338年、ブルゴーニュ公ウード4世の息子フィリップと結婚したが、1346年に死別した。夫妻の一人息子フィリップ(1346年 - 1361年)はブルゴーニュ公を継承した。

1349年2月、又従兄にあたるジャン2世王と再婚した。ジャンとの間にブランシュとカトリーヌの2女が生まれたが、ともに夭折した。ジャンヌは1360年にダルギリー城で亡くなり、サン=ドニ大聖堂に埋葬された。彼女の持つ称号はフィリップへ受け継がれた。

先代:
ギヨーム12世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1332年 - 1360年
次代:
フィリップ