アンナ・ヤロスラヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンリスにあるアンヌ・ド・キエヴ像

アンナ・ヤロスラヴナウクライナ語Анна Ярославна)またはアンヌ・ド・キエヴフランス語:Anne de Kiev, 1024年から1032年の間 - 1075年)は、フランスアンリ1世の2度目の王妃。キエフ大公ヤロスラフ1世と妻インゲガードの娘。

生涯[編集]

アンリは婚約者であったマティルデ・フォン・フランケン神聖ローマ皇帝コンラート2世の娘)、その姪であった先の妃マティルド・ド・フリーズを亡くした後、ヨーロッパの各王家・貴族の中に王妃にふさわしい姫はいないか探したが、なかなか見つからなかった。当時、6親等以内の血族婚は禁止されていたが、長年の政略結婚の繰り返しのせいで、血のつながりのない結婚年齢の女性を捜す方が難しかった。

アンリはキエフ大公国まで使節を派遣し、使節は公女アンナ(フランス語ではアンヌまたはアニェスとも呼ばれた)を連れて帰国した。聞けば、ヤロスラフ公の母は東ローマ帝国の皇女だという(これには現在異論がある)。この結婚で、かつてのローマ皇帝の末裔の縁者になり、カペー家の王座に権威がもたらされるとアンリは考えた。全くフランス語は話せないが、ブロンドの美しい女性だったアンナに、アンリはたちまち心を動かされ、1051年5月19日にランス大聖堂で結婚した。

2人の間には3人の男子が生まれたが、育ったのは2人である。

  • フィリップ(1052年 - 1108年) - のちのフィリップ1世
  • ユーグ(1057年 - 1101年) - ユーグ・ル・グラン(Hugues le Grand)あるいはユーグ・マニュス(Hugues Magnus)と呼ばれた。ヴェルマンドワ伯の女子相続人と結婚、のちにクレピ伯となったが、1101年の十字軍出征中にタルススで死亡した。

1060年にアンリが死ぬと、まだ7歳の幼年だったフィリップを補佐して、アンヌは摂政を務めた。王妃が摂政となるのはフランスで初めてだった。後任の摂政はフランドル伯ボードゥアン5世だった。アンヌはフランス語こそ流暢ではなかったが、当時の女性には珍しく読み書きができたため、その地位が務まったものと考えられる。

夫を失って間もなく、アンヌはヴァロワ伯ラウール3世と愛し合うようになり、それを隠そうともしなかった。ラウールには妻がいたが、彼は妻と縁を切って1062年にアンヌと結婚した。この結婚はヴァロワ伯の政治的野心の現れであると貴族は警戒し、また血族婚であったと結婚の無効を言い立てられた妻は、ローマ教皇庁に不義の告発をした。教皇アレクサンデル2世は、アンヌとラウールを破門した。

宮廷から遠ざけられた2人は、それでも睦まじく暮らした。1074年9月にラウールが亡くなると、アンヌは宮廷に戻った。フィリップ1世は母を許して迎えた。1075年にアンヌは亡くなり、ヴィリエールの僧院に葬られた。