シャルロット・ド・サヴォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルロット・ド・サヴォワ

シャルロット・ド・サヴォワ(Charlotte de Savoie, 1441年 - 1483年12月1日)は、フランスルイ11世の2度目の妃。父はサヴォイアルドヴィーコ、母はキプロス王女アンヌ・ド・リュジニャンイタリア語名はカルロッタ・ディ・サヴォイア(Carlotta di Savoia)。フランソワ1世の母ルイーズ・ド・サヴォワの叔母に当たる。

1451年2月に20歳年上のルイと結婚した。しかしルイはすぐに彼女を放任するようになった。ルイは1461年に王位につくとただちに、自らが王領と主張するブルゴーニュへシャルロットを追いやった。シャルロットは、イザベル・ド・ブルボンブルゴーニュ公シャルルの2度目の妻で、娘婿となるブルボン公ピエール2世の姉)の援助で生活した。孤独な生活の後、夫の死から数ヶ月後にアンボワーズで死去した。死後は夫君と同じく、現在のロワレ県、オルレアン近郊のクレリ=サン=タンドレ僧会教会に葬られた。

子供[編集]

  • ルイ(1458年 - 1460年)
  • ジョアシャン(1459年 夭折)
  • ルイーズ(1460年 夭折)
  • アンヌ(1461年 - 1522年) ブルボン公ピエール2世
  • ジャンヌ(1464年 - 1505年) フランス王ルイ12世の最初の妃
  • フランソワ(1466年 夭折)
  • シャルル(1470年 - 1498年) フランス王シャルル8世
  • フランソワ(1472年 - 1473年)