ボンヌ・ド・リュクサンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボンヌ・ド・リュクサンブールBonne de Luxembourg, 1315年3月20日 - 1349年9月11日)は、ルクセンブルク家ボヘミアヨハン(盲目王)の娘で神聖ローマ皇帝カール4世の同母姉。母はボヘミアとポーランドの王ヴァーツラフ2世の娘エリシュカ。ドイツ語名はユッタ(Jutta)またはグタ(Guta)という。フランスジャン2世の妃であるが、ジャン2世が即位する前年に死去、モーブッソン修道院(Abbaye de Maubuisson)に埋葬された。シャルル4世の2番目の王妃マリー・ド・リュクサンブールは叔母に当たる。

1332年7月28日に17歳で王太子ジャン、後のジャン2世と結婚した。この時、新郎は13歳であった。その後、ボンヌが1349年にペストで死去するまでに、2人は4男7女をもうけた。