アルマニャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルマニャックの地図
アルマニャック地方のブドウ畑

アルマニャック (L'Armagnacガスコーニュ語:Armanhac)は、フランスガスコーニュの一部である古い地方名称で、現在のジェール県ランド県東部にまたがっている。その名称はガロ=ローマ時代に遡るものである。歴史的な首都はオーシュである。

同名の蒸留酒、アルマニャックは世界的に有名である。

地理[編集]

Baïse川(Baïse)谷中程に位置し、オーズ(fr)とオーシュを東西につなぐ軸の周辺に位置する。

地方は以下の区分がされる:

  • オータルマニャック(Haut-Armagnac)またはアルマニャック・ブラン(Armagnac blanc) - 石灰岩質の土壌を持ち、トウモロコシ栽培とブドウ栽培が盛ん
  • バ=ザルマニャック(Bas-Armagnac)またはアルマニャック・ノワール(Armagnac noir) - ドゥーズ川とミドー川に近接する
  • フェゼンサック(Fézensac

以下の地方が加わることもある:

  • テナレーズ(Ténarèze) - コンドンの北西部

地質[編集]

中新世中期にあたる1600万年前から1100万年前までの間、大西洋はアキテーヌ盆地を浸食し、そこは今のバ=ザルマニャックとなった。中新世の海が残したものは、サーブル・フォーヴ(Sables fauves、フォーヴの砂)という名称で呼ばれる。大陸には、モラス(en)と呼ばれる砂岩と頁岩の地層が数多く残された。

アルマニャック・ノワールは、硬質で酸性の粘土質の土壌を持ち、プラムのような芳香を放つ最高級ブランデー、アルマニャックの産地である。

テナレーズの土壌は酸性の粘土質で、そこで生産されるブランデーはよく熟成され、スミレに似た芳香を持つ。

歴史[編集]

アルマニャック伯の紋章

エリンベルム(現在のオーシュ)のアウシル族(Auscii d'Elimberrum)とエルサ(現在のオーズ)のエルサテス族(les Elusates d'Elusa)は、どちらもアクイタニアで暮らす部族であった。

この地方はガスコーニュ公領の一部である、フェゼンサック伯領となった。

960年、初代アルマニャック伯にベルナール1世がつき、その後ジェロー1世、ベルナール2世と続いた。1040年から1052年にはベルナール2世がガスコーニュ公位を継承したため、伯領は1052年まで公領となった。彼の孫にあたるジェロー3世は、1140年以降フェゼンサック伯領とアルマニャック伯領を統合した。1163年、この家系からフェゼンサゲ伯領が生まれた。

1245年にアルマニャック伯家男系が断絶すると、初代フェゼンサゲ伯の息子であるジェローがアルマニャック伯ジェロー5世となった。しかし1285年にジェロー5世が死ぬと、2つの伯領は再び分離した。ジャン1世(1319年 - 1373年)と彼の子孫がアルマニャック伯領にロデーズ伯領、カルラ伯領、ロマニュ伯領、オーヴィラール伯領、コマンジュ伯領、シャロレ伯領を併合した。

ジャン3世の後を継いだのは弟のベルナール7世で、彼は百年戦争中のアルマニャック派とブルゴーニュ派の内戦fr)時にアルマニャック派の首領であった。1473年、フランス王ルイ11世の有名な敵であったジャン5世が死んだ。1481年、アルマニャック伯領はフランス王領に統合された。しかしシャルル8世は、伯領をジャン5世の弟シャルル1世へ返還した。

シャルル1世の後継となったのは、シャルル・ダランソンマルグリット・ド・ナヴァルの最初の夫)、次いでアンリ・ダルブレ(2度目の夫)であった。アンリ・ダルブレとマルグリットの間に生まれたジャンヌ・ダルブレがアルマニャック伯領を継承し、その後ジャンヌの息子であるアンリ4世がフランス王位についたことで、1589年に王領となった。

1645年、ルイ14世はアルマニャック伯の称号をアルクール伯アンリ・ド・ロレーヌ(fr)へ授けた。この家系はフランス革命まで続いた。

外部リンク[編集]