トマス・モウブレー (第4代ノーフォーク伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第4代ノーフォーク伯トマス・モウブレー(Thomas Mowbray, 4th Earl of Norfolk, 1385年 - 1405年6月8日)は、15世紀イングランドの貴族である。ノーフォーク公トマス・モウブレーとエリザベス・フィッツアランの長男で、ジョン・モウブレーの兄である。

1399年リチャード2世によって国外追放に処され、ヴェネツィアで客死した父の後を継いだ。しかし、モウブレー男爵とノッティンガム伯爵は叙爵されたが、ノーフォーク公は受け継がれず、伯爵位として相続された。

これに不満を抱いたトマスは、1405年ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーヨーク大司教リチャード・スクループと組んでヘンリー4世に反乱を起こしたが、ウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルに迎撃され、ヨーク大司教と共に捕らえられて処刑された。

弟のジョンが爵位を継承、1425年にノーフォーク公爵位を与えられ復権を果たした。

イングランドの爵位
先代:
トマス・モウブレー
モウブレー男爵
1399年 - 1405年
次代:
ジョン・モウブレー
先代:
トマス・モウブレー
ノッティンガム伯
1399年 - 1405年
次代:
ジョン・モウブレー
先代:
トマス・モウブレー
ノーフォーク伯
1399年 - 1405年
次代:
ジョン・モウブレー