マクベス (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクベス

マクベタッド・マク・フィンレックMac Bethad mac Findlaich, 現代ゲール語:MacBheatha mac Fhionnlaigh, 1005年 - 1057年8月15日)は、スコットランド王(在位 : 1040年 - 1057年)。ウィリアム・シェイクスピア戯曲の題名にもなったマクベスMacbeth)の通称で世界的に知られる。マルカム2世の次女ドウナダ(Donada)とマリ領主フィンレック(Findlaich)の間に生まれた。

1040年8月14日、従兄のダンカン1世を殺害し、王位を奪った。マクベスは、反対勢力や王位継承の可能性のある者たちを次々と抹殺していった。1043年にアルピン王家の血を引くバンクォウを殺害、1045年にはダンカン1世の父でアサル領主のクリナンと戦って彼を殺害した。

マクベスは統治能力に優れた人物と言われ、17年と当時としては長期間在位した。また、1050年にはローマ巡礼の旅を行っている。

1054年マルカム・カンモースクーンの戦いで大敗し、1057年のランファナンの戦いで戦死した。

備考[編集]

シェイクスピアの悲劇『マクベス』のモデルとなったことでもわかるように、直系は絶えているが、子孫は健在である(その一人のコーダー伯爵はネスレ日本の高級インスタントコーヒープレジデント」のCMに出演した)。