アレグザンダー3世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スクーンのムートの丘で戴冠するアレグザンダー2世。中世後期の写本より

アレグザンダー3世Alexander III, 1241年9月4日 - 1286年3月19日)は、スコットランド王(在位:1249年 - 1286年)。スコットランドでもっとも偉大な王の1人といわれる。

アレグザンダー3世は、アレグザンダー2世と2度目の王妃マリー・ド・クーシーの一人息子としてロスクバラで生まれた。1249年に父が没したため、同年7月13日スクーンで戴冠し、7歳で王位を継承した。

1251年12月26日、アレグザンダーはイングランド王ヘンリー3世の娘マーガレットと結婚した。これはヘンリー3世の押しつけであり、ヘンリー3世はアレグザンダーをナイトに叙した上で臣従を強要した。

宮廷では、摂政のジョン・ベイリャル(スコットランド王ジョン・ベイリャルの父)と王妃護衛職のロバート・ド・ロスが王妃をないがしろにするなど、専横を極めた。1255年、アレグザンダーは親政に乗り出し、ジョン・ベイリャルとロバート・ド・ロスを追放した。また、イングランドの内乱に対しては深入りせず、イングランドとの良好な関係の維持に努めた。

1261年、父アレグザンダー2世が果たせなかったヘブリディーズ諸島ノルウェーからの奪還に成功し、1263年には西部のクライド湾でノルウェー王ホーコン4世を討ち破った。3年後の1266年パースで両国は条約を結び、ヘブリディーズ諸島は正式にスコットランド領となった。

アレグザンダー3世は1281年から1284年にかけて、次男デイヴィッド、長女マーガレット、長男アレグザンダーを次々と失った。しかも、長男アレグザンダーには子がなかった。王位継承者がいなくなったため、アレグザンダー3世は、1285年10月14日にフランス貴族ドルー家のドルー伯ロベール4世の娘ヨランド・ド・ドルーと結婚した。

しかし、結婚半年後の1286年3月19日エディンバラから王妃の居るキングホーンの離宮へ向かう途中、嵐の中で落馬してこの世を去った。スコットランド貴族は長女マーガレットとノルウェー王エイリーク2世の一人娘マルグレーテ(マーガレット)をノルウェー宮廷にとどめたまま女王に擁立した。

アレグザンダー3世の時代、イングランドとの関係は良好で、国内は安定し、「黄金時代」と呼ばれるほど国民生活が向上した。