マーガレット・オブ・イングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・オブ・イングランド、13世紀

マーガレット・オブ・イングランド(Margaret of England, 1240年9月29日 - 1275年2月26日)は、スコットランドアレグザンダー3世の王妃。イングランドヘンリー3世と王妃エレノアの長女。アレグザンダー3世の父アレグザンダー2世の最初の王妃ジョーンは叔母、ブラバント公ジャン2世マーガレットは姪に当たる。

後のエドワード1世に続く第2子としてウィンザー城で生まれる。

1251年12月26日、11歳の時にヨーク・ミンスターで、10歳のスコットランド王アレグザンダー3世と結婚した。2人の間にはその10年後から2男1女が生まれたが、いずれも早世したため、アレグザンダーの死後にスコットランドでは王位継承者を巡る問題が始まることになった。

先代:
マリー・ド・クーシー
スコットランド王妃
1251年 - 1275年
次代:
ヨランド・ド・ドルー