ヨランド・ド・ドルー (スコットランド王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sceau de Yolande d'Ecosse - Duchesse de Bretagne.png

ヨランド・ド・ドルー(Yolande de Dreux, 1263年 - 1330年8月2日)は、スコットランドアレグザンダー3世の2番目の妃、のちブルターニュ公アルテュール2世の2番目の妃。父はドルー伯ロベール4世、母はモンフォール女伯ベアトリスで、母を継いでモンフォール女伯となった。

1285年にスコットランド王アレグザンダー3世と結婚した。アレグザンダーは1275年に先妻マーガレット・オブ・イングランドイングランドヘンリー3世の娘)と死別した後、1281年から1284年までの間に2男1女の子供全員に先立たれていた。1286年、再婚から5ヶ月後にアレグザンダーは落馬により急逝し、ヨランドとは子供をもうけずに終わった。スコットランド貴族はアレグザンダーと先妻の娘マーガレットノルウェーエイリーク2世との間にもうけた娘で3歳のマーガレットを、ノルウェーの父親の許にとどめたまま女王に立てた。

1292年、ヨランドはドルー家の同族(ただし両者の4代前の先祖が共通という遠縁)で、マーガレット・オブ・イングランドの甥でもあるブルターニュ公アルテュール2世と再婚し、2人は1男5女をもうけた。アルテュールには先妻マリー・ド・リモージュ(ヨランドの同名の大伯母とブルゴーニュ公ユーグ4世の外孫でドルー伯家の血を引き、ヨランドの又従姉妹にあたる)との間にすでに3男があり、次男の娘ジャンヌ・ド・パンティエーヴルとヨランドとの間にもうけたジャン・ド・モンフォールとの間で後に相続争いが起こり、ブルターニュ継承戦争へと発展する。