ロバート2世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート2世(スチール製のロバート2世の王璽)

ロバート2世(Robert II, 1316年3月2日 - 1390年4月19日)は、スコットランド王(在位:1371年 - 1390年)。ステュアート朝の初代国王。第6代スコットランド執事長のウォルター・ステュアート(Walter Stewart)とロバート1世の娘マージョリー(Marjorie)の子。

家名のステュアート(Stewart)は役職名の執事(Steward)が語源と言われ、後にメアリー女王フランス好みから綴りをStuartに変えた。

1318年、スコットランド議会はロバート1世が跡継ぎの息子無しで死んだ場合にはマージョリーの息子に王位が与えられると定めたが、1324年に息子デイヴィッドが生まれ、1329年にデイヴィッド2世として王位に就いた。しかしデイヴィッド2世に子供はなかったため、デイヴィッド2世がフランスに逃れていた時に摂政として実質的にスコットランドを統治していたロバート2世が王位につき、ステュアート朝をひらいた。