ロバート2世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート2世(スチール製のロバート2世の王璽)

ロバート2世(Robert II, 1316年3月2日 - 1390年4月19日)は、スコットランド王(在位:1371年 - 1390年)。ステュアート朝の初代国王。第6代スコットランド執事長のウォルター・ステュアート(Walter Stewart)とロバート1世の娘マージョリー(Marjorie)の子。

家名のステュアート(Stewart)は役職名の執事(Steward)が語源と言われ、後にメアリー女王フランス好みから綴りをStuartに変えた。

母マージョリーは1316年、ロバートを出産した後に死去した。父ウォルターも1326年に死去し、10歳でスコットランド執事長の地位を継承した。

1318年、スコットランド議会はロバート1世が跡継ぎの息子無しで死んだ場合にはマージョリーの息子に王位が与えられると定めたが、1324年に息子デイヴィッドが生まれ、1329年にデイヴィッド2世として王位に就いた。しかし1371年にデイヴィッド2世は子供がないまま急死し、デイヴィッド2世がフランスに逃れていた時に摂政として実質的にスコットランドを統治していたロバート2世が王位につき、ステュアート朝をひらいた。

即位時すでに54歳であったロバートは、健康状態が悪く、ほとんど盲目であり、「Old Blearie」(霞み目爺さん)と言われていた[1]。在位中、先王デイヴィッド2世のイングランドへの身代金の支払いや、ダグラス家とパーシー家の抗争などの大きな問題を抱えていたが、老齢のロバートはほとんど業績を残せず、息子たちが実権を握った。

子女[編集]

1347年11月22日、サー・アダム・ミュアの娘エリザベスと結婚した。

  • ジョン(1337年 - 1406年) - スコットランド王ロバート3世
  • ウォルター(1338年頃 - 1362年) - ファイフ卿
  • ロバート(1340年 - 1420年) - オルバニー公
  • アレグザンダー(1342/3年 - 1406年) - バカン伯、「バドノッホの狼」とよばれた
  • マーガレット - イール卿ジョン・マクドナルドと結婚
  • マージョリー - マリ伯ジョン・ダンバーと結婚
  • ジーン - 1.ジョン・キースと結婚、2.ジョン・ライアンと結婚、3.ジェームズ・サンディランズと結婚。2度目の結婚を通して、イギリス王太后エリザベスの先祖の一人である。
  • イザベル - 1.2代ダグラス伯ジェームズと結婚、2.サー・ジョン・エドモンドストンと結婚

1355年5月2日、ロス伯ヒューの娘ユーフィミア(3代マリ伯ジョン・ランダルフ未亡人)と結婚し、2男2女を儲けた。

  • デイヴィッド(1356年 - 1389年以前) - ストラサーン伯、ケイスネス伯
  • ウォルター(? - 1437年) - アサル伯
  • エリザベス - 初代クローフォード伯デイヴィッド・リンゼーと結婚
  • エギディア - ニスデール卿サー・ウィリアム・ダグラスと結婚

以下の庶子がいた。

  • サー・ジョン - ビュート侯家祖
  • トマス - セント・アンドリューズ司教

引用[編集]

  1. ^ N.トランター、p.157

参考文献[編集]

  • N.トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年
  • 森 護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年