アレグザンダー1世 (スコットランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレグザンダー1世 (スコットランド王)

アレグザンダー1世英語Alexander I, ゲール語Alaxandair mac Maíl Coluim, 1078年 - 1124年4月23日)はスコットランド王(在位:1107年 - 1124年)。マルカム3世と王妃マーガレットの四男。

エドガーの跡を継いで王となったアレグザンダーは、その遺言通りスコットランドの中部と北部のみを直接統治し、弟デイヴィッドには南部を統治させ、その他の地域は領主に任せきりであった。しかし、1115年ごろに起きた北部のマリや西部のマーンズでの反乱には徹底的な討伐を行い、その過酷さから獰猛王(Fierce)と呼ばれることになった。

アレグザンダー1世はイングランドヘンリー1世の庶子シビラを王妃とし、イングランドとの関係を深めていった。アレグザンダーの妹マティルダはすでにヘンリー1世 に嫁いでおり、アレグザンダーはヘンリーの義理の兄であるとともに義理の子という関係にあった。

アレグザンダーは宗教の面でもイングランド色を強め、キリスト教の影響力がさらに強まっていった。当時スコットランドはイングランド北部のヨーク大司教の管轄にあったが、ローマ教皇にこうした状況を改めるように請願し、またセント・アンドリューズの司教を独自に招致したりした。

1124年4月23日、アレグザンダー1世はスターリングで没した。